マツダ、新保証プログラム「パックde753」発売

2003.08.14 自動車ニュース

マツダ、新保証プログラム「パックde753」発売

マツダは、車両の有償延長保証プログラム「パックde753(シチゴサン)」を発表。2003年8月8日から販売を開始した。

今回発売された「パックde753」は、新車購入時のメーカー保証に加え、有償で最長7年まで保証内容を延長するというもの。期間と内容の違いで、AからCまで3つのプランが用意される。
メーカー保証は、3年間の一般保証(6万km以内、エアコンなど安全走行に直接関係しない部品が対象)と、5年間の特別保証(10万km以内、エンジンなど安全走行に必要な機構が対象)がある。ちなみに、今回の「753」という名前は、保証期間の3、5、7、にちなみ、クルマを子供の成長にみたてて付けられた。

パックde753の「Aプラン」は、一般保証終了後も5年目まで一般保証を延長する。「Bプラン」は、5年間の特別保証終了後に、一般保証と特別保証を7年目まで保証。「Cプラン」は、3年間の一般保証終了後に、7年目まで一般保証と特別保証を延長することができる。ただし、Aプランは走行距離10万km以内、B/Cプランは14万km以内の制限付きだ。

万一の故障時には、全国のマツダ、およびマツダアンフィニ系販売店で保証修理が受けられる。さらに、加入車両が保証期間内に譲渡/廃車する場合は、経過期間や走行距離に応じて払い戻しをすることも可能だ。

保証内容など詳細については、マツダサイトを参照のこと。

(webCG 本諏訪)

マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

 
マツダ、新保証プログラム「パックde753」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。