第59回:日産「プレサージュ」試乗で感じた 「ミニバンってこうあるべきじゃないの?」

2003.08.14 エッセイ

第59回:日産「プレサージュ」試乗で感じた 「ミニバンってこうあるべきじゃないの?」

 
第59回:日産「プレサージュ」試乗で感じた 「ミニバンってこうあるべきじゃないの?」

■どうなるのよ? ミニバン界

こないだ北海道まで、日産の新型ミニバン「プレサージュ」を試乗に行ってまいりました。プレサージュって正直、それほどブランドイメージ残ってない。写真で見た時もインパクトなかったんで、「へぇ、どんなもんかぁ」って程度で乗ってきたんだけど、これが秀逸。俺的には満足。久々に「ミニバンとはなんぞや?」を考えてしまいました。

っていうか元々、「今後のミニバン界、どうなるのよ?」って思ってたの。まず第一に「オデッセイの迷走(!?)」。っていうかまだ発表されてないし、乗っても触ってもないからハッキリとはいえないんだけど、もうすぐ出るはずの次期型オデッセイのウワサをかえりみて。
というのもね。なんか全高1550mm以下の、立体駐車場に入れるサイズになるというじゃない。ほとんど異様な低さだよね。いまのスタイル優先、走り優先の「ストリーム」やトヨタ「ウィッシュ」でさえ1600mmだから、もっとペッチャンコ。聞けば「昔のアコードエアロデッキの再来」という話もある。

それってまさに、格好だけの“陸サーファー”ならぬ“陸ミニバン”!? つまり「実用性が最優先」だったはずのミニバンが、実は「スタイル最優先」になったという逆転現象が起こっている!?

 
第59回:日産「プレサージュ」試乗で感じた 「ミニバンってこうあるべきじゃないの?」の画像
 
第59回:日産「プレサージュ」試乗で感じた 「ミニバンってこうあるべきじゃないの?」の画像

■迷走するミニバン

その昔、見てくれだけの狭くてスポーティなスタイリッシュクーペ「プレリュード」でヒトヤマ当てたホンダとしては、その現象を「ミニバン時代でもう一度!」ってことなのかもしれない。だけど、果たして「世の中それでいいのか?」と思っていたのだ。
だってさ。プレリュードって確かにカッコよかったけど、その後、なにも残らなかったでしょう?
俺個人としては、あれもブームにならなければ「それなりにアリ」のクルマ。「見てくれだけカッコいいスポーティクーペ」ってのもいいと思うんだけど、一過性のブームになり過ぎたあまり“苦い思い出”になり果ててしまった。悪ノリしすぎて、後で見たくもない青春時代の写真みたいなもんですね。
それにね。ミニバンは人と荷物が乗れて、使えるのが本筋なはず。本来、理想主義的思考の俺として、単純に「それでいいのかミニバン?」とも思っていたのだ。

なによりそういう“バクチグルマ”に、ミニバンの代名詞たる「オデッセイ」の名前をつけていいものか。せいぜい「プチ・オデッセイ」とか「スタイル・オデッセイ」とかさ。王道イメージをいただくだけでよかったんではあるまいか。その思いきりのよさが、久々にホンダさんらしいっちゃホンダさんらしいわけだけど。
そのほか、スタイル優先の三菱グランディスが出るなど、ずいぶん迷走し始めてるなぁ、日本のミニバン界って思ってたのよ。

 
第59回:日産「プレサージュ」試乗で感じた 「ミニバンってこうあるべきじゃないの?」の画像
 
第59回:日産「プレサージュ」試乗で感じた 「ミニバンってこうあるべきじゃないの?」の画像
 
第59回:日産「プレサージュ」試乗で感じた 「ミニバンってこうあるべきじゃないの?」の画像

■日産の「make sure」

そこにきてプレサージュ。ちょっと安心してしまいました。あまりに“マトモなつくり”なんで。

まずね。このクルマは、かのカルロス・ゴーンの哲学たる「make sure」の考え方にそってつくられたそうだ。別にプレサージュに始まったことじゃないんだけど、メイクシュアーは「本質重視」とか「実質本位」とかそういうこと。かなり簡単にいっちゃうと、ヨーロッパ的なクルマづくりの姿勢。そして言葉の通り、マジメにつくられている。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4840×1800×1685mmで、現行オデッセイよりややデカいサイズ。「国内では大きめ」という意見もあるだろうが、俺的にはジャスト。ミニバン本来の魅力に不可欠だと思う。ホンダ「ステップワゴン」やトヨタ「ノア/ヴォクシー」もいいけど、やっぱり窮屈な感じは否めない。逆に「エルグランド」や「ラグレイト」じゃデカすぎる。これくらいがちょうどいい。

基本性能もマジメにつくられている。それは走りもさることながら、スライドドア採用なのに、床を普通のヒンジドア並みに低くしていること、モノ入れも多い。 2列目がキャプテンシートにもベンチシートにもなるところや、リアゲートにガラスハッチを採用するなど。さらに、これらには“カユいところに手が届く”ような工夫がなされた。
ガラスハッチは十分大きく開くだけでなく、背の低い車庫を想定し、開けっ放しのまま、テールゲートを上げてもある一定の高さにいかないようになってる。後ろからワンタッチで3列目の座面が持ち上がり、シートバックが倒れる。さらにツータッチで、持ち上がったシートバックが向こうへ倒れ、フラットになる。

走りはちょっと「スカイライン」にも似た、大味なV6エンジンのフィールが気になった。とはいえ、乗り心地はいいし、がっちり感もあり、それでいてステアリングも滑らか。全体のレベルは高い。スタイルもしばらく乗ってると、地味だけど奇をてらわず、スタンダードなミニバンとして美しくできてるのがよくわかる。ある意味、「スタイル」「使い勝手」「走りの」バランスはドイツ車っぽいかもしれない。

ま、内装はもうちょっと高級感あってもよかったと思うけどね。ってな具合に、非常にマジメにできてます、プレサージュ。一見、ジミだけどこういうクルマにこそ売れて欲しいもんだよね。ホント。

(文=小沢コージ/2003年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事 ホームへ戻る