ルノー「カングー」をマイナーチェンジ

2003.08.11 自動車ニュース
 

ルノー「カングー」をマイナーチェンジ

ルノージャポンは、セミトールワゴン「カングー」のマイナーチェンジを、2003年8月8日に発表した。販売開始は8月末頃の予定。



 

ルノー「カングー」は、1997年にデビューした「クリオ」(日本名ルーテシア)ベースのセミトールワゴン。欧州では商用車としての利用率が高く、1.2、1.4、1.6リッターのガソリン、1.5、1.9リッターディーゼルなど、豊富なラインナップをもつ。日本では2002年3月から1.4リッター+4AT仕様が販売されている。

今回のマイナーチェンジでは、排気量を1.6リッターに拡大。さらに嬉しいニュースは、従来のハッチバックドアだけでなく、観音開きのダブルバックドアが選べるようになったことだ。日本仕様は右ハンドルのため、左後方視界を考慮して観音開きボディの導入は見送られていたが、今回晴れてリリースされることとなった。ほかに、メインボディカラー5色に加えて、受注生産カラー5色を追加、「パノラミックサンルーフ」をオプション設定するなど、遊び心をくすぐる内容となった。

エクステリアは、中央にルノーエンブレムを配したフロントグリルなど、ルノーのデザインアイデンティティを採り入れた、新しいフロントマスクを採用。インテリアは、シートのホールド性向上や、遮音性を高めるなどのリファインが施された。

価格、詳細スペックなどは後日発表される予定という。

(webCG 本諏訪)

ルノージャポン:
http://www.renault.jp/

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記