ルノー「カングー」をマイナーチェンジ

2003.08.11 自動車ニュース
 

ルノー「カングー」をマイナーチェンジ

ルノージャポンは、セミトールワゴン「カングー」のマイナーチェンジを、2003年8月8日に発表した。販売開始は8月末頃の予定。



 

ルノー「カングー」は、1997年にデビューした「クリオ」(日本名ルーテシア)ベースのセミトールワゴン。欧州では商用車としての利用率が高く、1.2、1.4、1.6リッターのガソリン、1.5、1.9リッターディーゼルなど、豊富なラインナップをもつ。日本では2002年3月から1.4リッター+4AT仕様が販売されている。

今回のマイナーチェンジでは、排気量を1.6リッターに拡大。さらに嬉しいニュースは、従来のハッチバックドアだけでなく、観音開きのダブルバックドアが選べるようになったことだ。日本仕様は右ハンドルのため、左後方視界を考慮して観音開きボディの導入は見送られていたが、今回晴れてリリースされることとなった。ほかに、メインボディカラー5色に加えて、受注生産カラー5色を追加、「パノラミックサンルーフ」をオプション設定するなど、遊び心をくすぐる内容となった。

エクステリアは、中央にルノーエンブレムを配したフロントグリルなど、ルノーのデザインアイデンティティを採り入れた、新しいフロントマスクを採用。インテリアは、シートのホールド性向上や、遮音性を高めるなどのリファインが施された。

価格、詳細スペックなどは後日発表される予定という。

(webCG 本諏訪)

ルノージャポン:
http://www.renault.jp/

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る