ルノー「カングー」をマイナーチェンジ

2003.08.11 自動車ニュース
 

ルノー「カングー」をマイナーチェンジ

ルノージャポンは、セミトールワゴン「カングー」のマイナーチェンジを、2003年8月8日に発表した。販売開始は8月末頃の予定。



 

ルノー「カングー」は、1997年にデビューした「クリオ」(日本名ルーテシア)ベースのセミトールワゴン。欧州では商用車としての利用率が高く、1.2、1.4、1.6リッターのガソリン、1.5、1.9リッターディーゼルなど、豊富なラインナップをもつ。日本では2002年3月から1.4リッター+4AT仕様が販売されている。

今回のマイナーチェンジでは、排気量を1.6リッターに拡大。さらに嬉しいニュースは、従来のハッチバックドアだけでなく、観音開きのダブルバックドアが選べるようになったことだ。日本仕様は右ハンドルのため、左後方視界を考慮して観音開きボディの導入は見送られていたが、今回晴れてリリースされることとなった。ほかに、メインボディカラー5色に加えて、受注生産カラー5色を追加、「パノラミックサンルーフ」をオプション設定するなど、遊び心をくすぐる内容となった。

エクステリアは、中央にルノーエンブレムを配したフロントグリルなど、ルノーのデザインアイデンティティを採り入れた、新しいフロントマスクを採用。インテリアは、シートのホールド性向上や、遮音性を高めるなどのリファインが施された。

価格、詳細スペックなどは後日発表される予定という。

(webCG 本諏訪)

ルノージャポン:
http://www.renault.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • 5段MTを搭載した「フィアット500S」発売NEW 2016.12.6 自動車ニュース FCAジャパンは、「フィアット500」の5段MTモデル「500S」を、2016年12月10日に発売する。エンジンは85psと14.8kgmを発生する0.9リッター直2ターボの「ツインエア」を搭載。150台の限定販売で、価格は234万3600円。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る