トヨタ「RAV4」をマイナーチェンジ

2003.08.11 自動車ニュース

トヨタ「RAV4」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、小型RV「RAV4」の内外装の変更や、環境・安全性能を向上させるなど、一部改良を施した。同時に、装備品を充実させた特別仕様車を設定し、2003年8月5日から販売を開始した。

マイナーチェンジの眼目は、内外装変更をはじめ、環境性能の向上や安全装備の充実など。5段MTを廃止し、全車4段ATに統一したこともニュースである。

エクステリアは、横バー付きフロントグリルや、押し出しの利いたバンパーを採用。ヘッドランプとリアコンビネーションランプの輝きを強めるなどして、力強さを演出したという。内装は、3眼ホワイトメーター、3本スポークステアリングを装着。インストルメントパネルや、センタークラスターを新デザインとし、スポーティ感と質感の向上を謳う。

環境性能は、全グレードで「超-低排出ガス車」認定を取得。SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグを全グレードにオプション設定するなど、安全装備を充実させた。

ボディカラーは、新色4色を含む全8色のラインナップ。価格は従来モデルとほぼ同じ、160.0万円から239.0万円まで。
ちなみに、福祉車両「ウェルキャブ」についても、ベース車同様の変更が行われた。

装備を充実させた特別仕様車「X“リミテッド”」は、ベーシックグレード「X」の5ドアモデルがベース。ディスチャージヘッドランプやフロントフォグランプ、オートエアコンなどを特別装備しながら、ベース車比2.0万円高の176.0万円(FF)と209.0万円(4WD)という、お買い得な価格設定にしたことがジマンだ。

(webCG 本諏訪)

トヨタ「RAV4 L」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/RAV4L/
トヨタ「RAV4 J」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/RAV4J/

 
トヨタ「RAV4」をマイナーチェンジの画像

特別仕様車 「RAV4 X Limited」(4WD)
 

	特別仕様車 「RAV4 X Limited」(4WD)
	 

関連キーワード:
RAV4トヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【ニューヨークショー2018】トヨタ、新型「RAV4」を世界初披露
    2018.3.28 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年3月28日、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、米国仕様の新型「RAV4」を世界初披露すると発表した。米国では2018年末頃(ハイブリッドは2019年初)、日本では2019年春頃の発売を予定しているという。
  • 一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”
    2018.4.18 デイリーコラム 2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。
  • ホンダが新型「CR-V」に関する情報を先行公開 2018.6.8 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月8日、同年夏に発売を予定している新型「CR-V」に関する情報を、同社のウェブサイトで先行公開した。CR-Vは、1995年にSUVの先駆けとして登場。現在は世界160カ国以上で販売される、ホンダを代表するグローバルモデルとなっている。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
  • 「トヨタRAV4」グレードごとに違う顔を採用 2008.9.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2008年9月1日、SUVの「RAV4」のマイナーチェンジを実施。グレードごとに異なるフロントマスクを与えるなど、一部変更が行われた。
ホームへ戻る