クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】911ターボカブリオレ(5AT):全長×全幅×全高=4435×1830×1295mm/ホイールベース=2350mm/車重=1700kg/駆動方式=4WD/3.6リッター水平対抗6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(420ps/6000rpm、57.1kgm/2700-4600rpm)

ポルシェ911ターボカブリオレ(6MT/5AT)【海外試乗記】

文句ないカブリオレ 2003.08.08 試乗記 ポルシェ911ターボカブリオレ(6MT/5AT)ターボルックに先を越された(?)「ポルシェ911ターボカブリオレ」のプレス試乗会が、イタリアはトスカーナ地方で行われた。走りながらも、トップを開閉できるオープンポルシェ。自動車ジャーナリスト、河村康彦が報告する。

290km/hのオープン

史上最速のカブリオレ――そんな称号を与えられそうな1台が、2003年9月のフランクフルトショーを期に発売される「ポルシェ・911ターボカブリオレ」だ。
けれども「その姿、最近、すでに見たおぼえがある」という方がいるかもしれない。もちろん、“デジャブ”などではない。911ターボカブリオレのルックスは、つい1ヵ月ほど前にオーストリアはチロルの山中で爽快なドライビングを楽しんだ「911カレラ4Sカブリオレ」のそれとウリふたつ……。
いやいや、そんな表現をしたらターボカブリオレに失礼というものだろう。そもそもは、カレラ4Sの方こそ、別名“ターボルック”と呼ばれるように、911ターボの衣装を拝借したものであるからだ(カレラ4Sカブリオレの試乗記
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000013561.html)。

というわけで、カレラ4Sカブリオレとターボカブリオレは、ほとんど同じ遺伝子を備えた姉妹モデル。ただし、走りのパフォーマンスはもちろん、ターボカブリオレの方がグンと強力だ。
実際、ルーフを閉じた状態での最高速は、MT仕様車が305km/hと、クーペボディの「ターボ」とまったく同じ。そんなコトをするヒトがいるかどうかは別として、「ルーフを開いた状態でも290km/hはカタイ」というのだから、“史上最速のカブリオレ”の面目躍如である。

【スペック】
911ターボカブリオレ(6MT):全長×全幅×全高=4435×1830×1295mm/ホイールベース=2350mm/車重=1660kg/駆動方式=4WD/3.6リッター水平対抗6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(420ps/6000rpm、57.1kgm/2700-4600rpm)
 
【スペック】
	911ターボカブリオレ(6MT):全長×全幅×全高=4435×1830×1295mm/ホイールベース=2350mm/車重=1660kg/駆動方式=4WD/3.6リッター水平対抗6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(420ps/6000rpm、57.1kgm/2700-4600rpm)
	  拡大

 
ポルシェ911ターボカブリオレ(6MT/5AT)【海外試乗記】の画像 拡大

カブリオレの嬉しい特長

最低気温摂氏5度と、オープンエア・ドライビングには少々の忍耐を必要としたカレラ4Sカブリオレのテスト舞台に反省してか(?)、ポルシェ本社がターボカブリオレの国際試乗会に選んだロケーションは、大きく南に下ったイタリアはシエナ近郊。が、ヨーロッパのほぼ全域を熱波が襲うというタイミングと重なったこともあり、こちらはこちらで最高気温が35度超! 容赦なく照りつける強烈な日差しは、たちまち人間の体から大量の水分を奪っていく。それが、実感される!!

こんなときに嬉しいのが、911カブリオレシリーズの「50km/h以下であれば、走行中でもトップの開閉が可能」という特長。ヨーロッパ各地の速度規制は、「集落を通過する際は50km/h」とおおよそ相場が決まっている。暑さを感じたら、こうしたタイミングを利用してルーフを閉じればいいし、木漏れ日のなかを気分よく走れそうとなれば、逆の操作をすればいい。
ちなみに、911シリーズが3.6リッターエンジンへとマイナーチェンジしたのを期に採り入れられたこの機能。弟分たるボクスターでも採用するのは、「残念ながら困難でアル」と担当エンジニア氏。911シリーズのカブリオレは、すべてがスイッチの操作ひとつで完結する完全自動式。これに対し、ボクスターではウィンドウフレームへのロック操作だけは手動で行わなければならない。それが、採用不可の理由である。


 
拡大

 
拡大

 
拡大

望外な乗り心地

それにしても、911ターボカブリオレのドライビングは、痛快そのものだった。正直いって、イタリア・トスカーナ地方の美しい風景のなかをこんなクルマで存分に走りまわるのは、「最高の“役得”だ!」と、読者の皆さんにちょっと申し訳ない気持ちだ。

カレラ4Sカブリオレ同様、A、Bピラー下部とサイドシルの接合部分に専用の補強が加えられたボディは、多くの人が「911」というクルマに期待するであろう高い剛性感を約束する。420psというツインターボ・パワーを無理なく受け止めるタフネスぶりを感じさせてくれる。フロントに225/40、リアには295/30という18インチのシューズを履くことを考えれば、その乗り心地も「望外なもの」とぼくには思えた。
さすがに、段差の強い踏み切りを乗り越えたりしたときに、ブルブルッとくる振動感は、「クーペと同じ」とはいわない。が、オープンエアでの爽快な走りという、クローズドボディには真似のできない特技をアドオンしてくれることを考えれば、その程度のことに文句を付けようという人は、そういないはずだ。

そんな魅力的な最新911ターボカブリオレ。“2004年”モデルとして、カレラ4Sカブリオレと同時に日本にも導入されそうである。

(文=河村康彦/写真=ポルシェジャパン/2003年8月)