【スペック】全長×全幅×全高=4680×1725×1845mm/ホイールベース=2805mm/車重=/2リッター直4DOHC16バルブ(160ps/6500rpm、19.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=211.0(テスト車=224.5万円)

ホンダ・ステップワゴン スパーダS(4AT)【ブリーフテスト】

ホンダ・ステップワゴン スパーダS(4AT) 2003.08.07 試乗記 ……224.5万円総合評価……★★★「こどもといっしょに……」のキャッチコピー(とリーズナブルな価格)で、世の親御さんをとらえた「ステップワゴン」。他社の追従激しいなか、フェイスリフトと新グレード追加でリフレッシュ!
モータージャーナリストの生方聡氏
 

雰囲気は違っても

ホンダ「ステップワゴン」というとTVCFの影響か、“子供を乗せて走るクルマ”というイメージが強い。しかし、今回のマイナーチェンジで追加された「スパーダ」は、フロントグリルやインテリアのデザインからもわかるように、従来のステップワゴンのイメージとはまた別の雰囲気に仕上げられている。

とはいえ、シンプルで機能的なデザインは従来どおり。たくさんの乗員と荷物を載せて走る場合でも、広い居住スペースは確保されており、乗り心地も悪くない。ピープルムーバーとしての素質は十分である。
運転についても、直進安定性は高く、直線的なボディゆえ取りまわしも楽。これに、運転する楽しさが加わると、文句ないのだけれど……。


 

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1996年5月に初代がデビューした、5ナンバーサイズの3列シートミニバン。現行モデルは、2001年4月にフルモデルチェンジした2代目で、ボディを若干広げ、シートアレンジに工夫が凝らされるなどした。
03年6月5日にマイナーチェンジが行われ、“5ナンバーミニバン”の枠を破る2.4リッターエンジン+5AT搭載モデルと、内外装をスポーティに演出した新グレード「スパーダ」を追加。2列目ベンチシートや、電動スライドドアがオプション設定されるなどの改良も施された。市場での人気は依然として高く、マイチェンモデルは発売から1ヶ月で、約1万2000を受注したという。
(グレード概要)
グレード体系は、マイナーチェンジで変更され、「B」と「G」は2リッターモデルのみの設定。追加された2.4リッターのベーシックグレードは「24L」となる。スポーティグレードの「スパーダ」は、2リッター版が「スパーダS」、2.4リッターモデルは「スパーダ24T」と呼ばれる。
スポーティグレードの「スパーダS」は、内外装に差別化が図られた。フロントマスクは、専用メッシュグリルとマルチリフレクター4灯式ヘッドライト、エアロフォルムバンパーを装着。ほかに、テールゲートスポイラーや、専用色を使ったリアコンビネーションランプを採用し、精悍なイメージを謳う。
インテリアは、自発光メーター、3本スポークステアリングホイール、黒木目調パネルを採用。シート生地には、毛足の長いファー調トリコットが使われる。


 
ホンダ・ステップワゴン スパーダS(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
ホンダ・ステップワゴン スパーダS(4AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
 
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
	 

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
「精悍でスタイリッシュな新タイプ」という位置づけのスパーダらしく、室内はブラック基調の落ち着いた雰囲気。なかでも、ブラックの木目調パネルがアクセントになっている。大型でシンプルなデザインのメーターもスポーティな印象だ。運転席のスイッチで操作できるパワースライドドアは、このモデルに標準装着される。ただし、スライドドアが助手席側にしかないのは何かと不便だった。
(前席)……★★★
ブラックのトリコット地シートは一見スポーティだが、座ってみるとソフトにからだを受けとめる心地よい感触である。スパーダ専用の3本スポークステアリングホイールもまた、スポーティの演出に一役買っている。運転席まわりには、大型インパネポケットやドアポケット、ドリンクホルダー、コインホルダーなど、収納スペースが充実。小物の置き場には困らなかった。
(2列目シート)……★★★★
ステップワゴンの2列目シートには、「バタフライシート」と「ベンチシート」(Bを除くメーカーオプション)が用意される。前者は、左のシートが長距離バスの補助席のように畳めることに加え、独立してスライドするタイプ。後者は、6:4に個別スライドし、座面に厚みをもたせたシートである。いずれの場合も、乗車定員は8人である。
試乗車は、標準のバタフライシート仕様で、シートを回転せず3列目と対座にできるのが特徴だ。フロアから着座位置まで十分な高さがあるため、足を自然な姿勢に保てるのはうれしい。スライドドア側の一人がけシートは“補助席”扱いだが、使わないときに畳んでおけるので、3列目のアクセスはとても簡単だ。
(3列目シート)……★★★
サードシートも、“緊急用”としての性格が強い3列目としてはクッションが厚く、座り心地がいい。レッグルーム、ヘッドルームは十分に確保される。
(荷室)……★★★
フロアがフラットなステップワゴンでは、荷室も地上高が低く抑えられており、荷物の出し入れは便利だ。荷室面積も広く、3列目を使っている状態でも、50cm近い奥行きが確保される。スクエアで背の高いボディにより、幅、高さとも十分だ。サードシートの収納は、シートバックを寝かせてから、全体を横に跳ね上げるタイプだが、ワンタッチ……とはいかないのが玉にキズ。


 
ホンダ・ステップワゴン スパーダS(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
ホンダ・ステップワゴン スパーダS(4AT)【ブリーフテスト】の画像

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
マイナーチェンジでは、2.4リッターエンジンが追加されたが、5ナンバーボディで名をはせたステップワゴンでは、メインとなるのはやはり2リッターエンジン。加速時にはやや大きめのノイズを発するものの、2000rpm以下の低回転域から常用域まで、必要十分なトルクを発揮する。カメラマン&機材と『webCG』の編集部員を乗せて箱根の山を走ったが、2リッターでも力不足は感じない。インパネシフトの4段オートマチックに、これといった仕掛けは見られないが、とくに不満はない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
スポーティを反映してか、やや硬めの乗り心地を示す。道路状況によっては、ゆっくりと上下動を繰り返すこともあるが、概ねフラットな印象である。2列目、3列目シートでは、リアアクスルから路面の凹凸が伝わってくるが、それでも十分合格点が与えられる。高速走行時の直進性は高く、安心してステアリングを握ることができた。
一方、コーナリングはアンダーステアが気になる。とはいえ、ロールスピードはよくチェックされており、乗員が不安に感じることはないだろう。

(写真=峰昌宏)

 

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2003年7月8日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:2390km
タイヤ:(前)195/65R15 91S(後)同じ(いずれもヨコハマ ASPEC)
オプション装備:AM/FMチューナー付きCDプレーヤー/ディスチャージヘッドライト/15インチアルミホイール(13.5万円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1):山岳路(4):高速道路(5)
テスト距離:378.4km
使用燃料:48.6リッター
参考燃費:7.8km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンスパーダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る