トヨタ「ヴォルツ」のカラーリングを変更

2003.08.07 自動車ニュース

トヨタ「ヴォルツ」のカラーリングを変更

トヨタ自動車は、米ゼネラルモーターズ(GM)と共同開発した2BOXカー「ヴォルツ」を一部改良。カラーリングを追加するなどして、2003年8月6日から販売を開始した。

トヨタとGMの共同開発モデル「ヴォルツ」は、“若者向けクロスオーバー”として、2002年8月にデビューした。両社で企画とデザインを行い、設計と評価はトヨタが担当。両社の合弁会社「NUMMI(New United Motor Manufacturing)」で生産、輸入・販売される。

今回の変更では、ベーシックグレード「S」とハイパフォーマンス版「Z」、それぞれで異なっていたカラーラインナップを統一。ボディ色に「チャコールグレーメタリック」と「オレンジメタリック」の2色追加し、カラーバリエーションを全6色とした。さらに、「Z」のみだったボディ同色カラードバンパー&クラディングパネルの採用を、「S」グレードに拡大。全グレードが“モノトーン”となったことも新しい。

ほかに、オプティトロンメーターの照明色が、レッドからホワイトに変更された。

価格は従来と変わらず、詳細は以下の通り。

●トヨタ「ヴォルツ」
S:178.8万円(FF/4AT)、198.8万円(4WD/4AT)
Z:199.8万円(FF/6MT)、205.2万円(FF/4AT)

(webCG 本諏訪)

トヨタ「ヴォルツ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/voltz/

 
トヨタ「ヴォルツ」のカラーリングを変更の画像
関連記事
  • トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2011.5.9 試乗記 トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)
    ……350万5850円

    ジャパンメイドの北米向けSUV「FJクルーザー」の評判がいい。なにが、そんなにイイのか!? モリケータはその“地盤”に注目した。
  • トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)【海外試乗記】 2008.6.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)

    日本ではあまり聞き慣れないトヨタのSUV「FJクルーザー」。1960年代のランドクルーザー「40系」のスタイルを再現した、トヨタが北米向けに生産するモデルだ。自動車ジャーナリスト河村康彦がアメリカで試乗した。
  • トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】 2011.2.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
    ……336万7850円

    オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。
  • トヨタ海外仕様車試乗会(後編)【試乗記】 2010.10.31 試乗記 先に、「マトリックス」や「アイゴ」などハッチバックを中心にリポートした「日本で買えないトヨタ」の試乗記。後編では、個性的な3台のSUVを紹介する。
  • トヨタFJクルーザー カラーパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2010.12.24 試乗記 トヨタFJクルーザー カラーパッケージ(4WD/5AT)
    ……353万1900円

    北米向けに開発されたトヨタの本格派オフローダー「FJクルーザー」が日本に導入。まずはどんなクルマなのかオンロードで試してみた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る