トヨタ「ヴォルツ」のカラーリングを変更

2003.08.07 自動車ニュース

トヨタ「ヴォルツ」のカラーリングを変更

トヨタ自動車は、米ゼネラルモーターズ(GM)と共同開発した2BOXカー「ヴォルツ」を一部改良。カラーリングを追加するなどして、2003年8月6日から販売を開始した。

トヨタとGMの共同開発モデル「ヴォルツ」は、“若者向けクロスオーバー”として、2002年8月にデビューした。両社で企画とデザインを行い、設計と評価はトヨタが担当。両社の合弁会社「NUMMI(New United Motor Manufacturing)」で生産、輸入・販売される。

今回の変更では、ベーシックグレード「S」とハイパフォーマンス版「Z」、それぞれで異なっていたカラーラインナップを統一。ボディ色に「チャコールグレーメタリック」と「オレンジメタリック」の2色追加し、カラーバリエーションを全6色とした。さらに、「Z」のみだったボディ同色カラードバンパー&クラディングパネルの採用を、「S」グレードに拡大。全グレードが“モノトーン”となったことも新しい。

ほかに、オプティトロンメーターの照明色が、レッドからホワイトに変更された。

価格は従来と変わらず、詳細は以下の通り。

●トヨタ「ヴォルツ」
S:178.8万円(FF/4AT)、198.8万円(4WD/4AT)
Z:199.8万円(FF/6MT)、205.2万円(FF/4AT)

(webCG 本諏訪)

トヨタ「ヴォルツ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/voltz/

 
トヨタ「ヴォルツ」のカラーリングを変更の画像

関連キーワード:
ヴォルツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る