【Movie】日産「プレサージュ」
……デザインは単なるカタチではない

2003.08.07 自動車ニュース
 
【Movie】日産「プレサージュ」<br>……デザインは単なるカタチではない

【Movie】日産「プレサージュ」……デザインは単なるカタチではない

2003年6月26日に発表、7月24日から販売が開始された新型「プレサージュ」。今回は新型のデザインについて、プロダクトチーフデザイナーの倉持卓司氏にお話をうかがった。


日産自動車株式会社
第一プロダクトデザイン部
プロダクトチーフデザイナーの倉持卓司氏
 
【Movie】日産「プレサージュ」<br>……デザインは単なるカタチではない

新型プレサージュのエクステリアデザインコンセプトは、先進的なインテリアや機能を新しいデザインで包み込む「インテリジェントダイナミズム」。それゆえ、日産の新しいピープルムーバーには、流麗なルーフラインが与えられた。一方、パッケージング重視なら「四角いハコにすると合理的」(倉持卓司氏)。相反する要素をどう融合させたのか。エクステリアデザインの特徴を交えてお話しをうかがった

【流麗と広々】



 
【Movie】日産「プレサージュ」<br>……デザインは単なるカタチではない

プレサージュのデザインが始まったころ、ミニバン系は「応接間」のようなインテリアが多かったという。しかし、変化するターゲットユーザーのライフスタイルに合わせて、新型はシンプルでモダンなインテリアを目指した。「ラグビーボールを上から見たような」形状のダッシュボードは、使いやすさだけでなく“空間的な広さ”を演出するものだった。

【便利と広さ】



 
【Movie】日産「プレサージュ」<br>……デザインは単なるカタチではない

実用とデザインを両立した例に、webCGアオキはサードシートをあげた。倉持卓司氏によれば、その実現には「ミリ単位の努力」が積み重ねられたという。
ほかに、最近ブーム(?)の“スタイリッシュミニバン”に対するアドバンテージや、デザインの“ソフトウェア”的な側面について聞く。

【単なるカタチではない】

(撮影/編集=カネヨシ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 日産が「NV350キャラバン」の装備を大幅に強化 2017.7.13 自動車ニュース 日産がワンボックス車「NV350キャラバン」をマイナーチェンジ。自動緊急ブレーキを全車標準装備としたほか、アラウンドビューモニターやバックドアオートクロージャーなどを新採用した。「Vモーショングリル」を強調した新しいデザインも特徴となっている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • ルノー、パリの夏の夕暮れをイメージした「トゥインゴ」を限定発売 2017.6.29 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年6月29日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「ノクターン」を設定し、100台の台数限定で発売した。“パリの夏の夕暮れをロマンティックに過ごす特別な時間”をイメージしたとされるボディーカラーを特徴とする。
ホームへ戻る