トヨタ「ランドクルーザー100」、一部改良と特別仕様車

2003.08.06 自動車ニュース
 

トヨタ「ランドクルーザー100」、一部改良と特別仕様車

トヨタ自動車は、4×4「ランドクルーザー100」シリーズを一部改良。加えて、専用ボディ色などを採用した特別仕様車“プレミアムエディション”を設定し、2003年8月1日から販売を開始した。



 

「ランドクルーザー100」シリーズは、トヨタ製本格オフローダーの最高峰。今回の一部改良では、高級車として位置づけられる大型SUVに見合う、最新のマルチメディア装備を付与。ナビゲーションシステムの性能が向上するとともに、テレマティクスサービス「G-BOOK」に対応した。
そのほか、「VSC+アクティブTRCシステム」の設定が、バンの「VXリミテッド」「同“Gセレクション”」に拡大されるなどした。

価格はかわらず、380.0万円から550.0万円まで。

特別仕様車の“プレミアムエディション”は、ワゴンの「VXリミテッド」(4.7ガソリン)、豪華仕様のバン「VXリミテッド“Gセレクション”」(4.2ディーゼル)と、ラクシャリーモデル「シグナス」(4.7ガソリン)に設定された。
特別装備として、G−BOOK対応DVDナビゲーションシステムや、マークレビンソン社の「プレミアムサウンドシステム」などを採用。高級志向を高めた仕様となっている。

価格は以下の通り。(カッコ内はベース車との価格差)

・ワゴン「VXリミテッド“プレミアムエディション”」:518.5万円(+98.5万円
・バン「VXリミテッド“プレミアムエディション・Gセレクション”」:522.8万円(+55.8万円)
・ワゴン「シグナス“プレミアムエディション”」:620.5万円(+70.5万円)

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車:http://www.toyota.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
ホームへ戻る