トヨタ「ランドクルーザー100」、一部改良と特別仕様車

2003.08.06 自動車ニュース
 

トヨタ「ランドクルーザー100」、一部改良と特別仕様車

トヨタ自動車は、4×4「ランドクルーザー100」シリーズを一部改良。加えて、専用ボディ色などを採用した特別仕様車“プレミアムエディション”を設定し、2003年8月1日から販売を開始した。



 

「ランドクルーザー100」シリーズは、トヨタ製本格オフローダーの最高峰。今回の一部改良では、高級車として位置づけられる大型SUVに見合う、最新のマルチメディア装備を付与。ナビゲーションシステムの性能が向上するとともに、テレマティクスサービス「G-BOOK」に対応した。
そのほか、「VSC+アクティブTRCシステム」の設定が、バンの「VXリミテッド」「同“Gセレクション”」に拡大されるなどした。

価格はかわらず、380.0万円から550.0万円まで。

特別仕様車の“プレミアムエディション”は、ワゴンの「VXリミテッド」(4.7ガソリン)、豪華仕様のバン「VXリミテッド“Gセレクション”」(4.2ディーゼル)と、ラクシャリーモデル「シグナス」(4.7ガソリン)に設定された。
特別装備として、G−BOOK対応DVDナビゲーションシステムや、マークレビンソン社の「プレミアムサウンドシステム」などを採用。高級志向を高めた仕様となっている。

価格は以下の通り。(カッコ内はベース車との価格差)

・ワゴン「VXリミテッド“プレミアムエディション”」:518.5万円(+98.5万円
・バン「VXリミテッド“プレミアムエディション・Gセレクション”」:522.8万円(+55.8万円)
・ワゴン「シグナス“プレミアムエディション”」:620.5万円(+70.5万円)

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車:http://www.toyota.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る