「タイヤとクルマの相性って?」

2003.08.06 クルマ生活Q&A タイヤ・ホイール

「タイヤとクルマの相性って?」

初めて質問します。タイヤとクルマについてです。自分が乗っている「プジョー306」のタイヤがすり減って「そろそろ寿命かな?」と心配になったので、同じ純正サイズで、違うメーカーのものに交換(ヨコハマ→ダンロップ)しました。ところが、どうも具合がシックリいきません。
感じとしては、「路面のワダチに引っ張られる」「ハンドル操作に対してクルマの動きが遅い」「突き上げが大きい」といったところです。せっかく新品にしたのに、ショックです。タイヤの銘柄が変わるだけで、乗り心地が大きく変わるものなのでしょうか? 純正指定の銘柄が手に入りにくい田舎のユーザーとしては、消耗品くらい、ドコの何を付けてもいいようにしてほしい気がするのですが。(鹿児島県在住のFKさん)

お答えします。たとえ同じサイズであっても、タイヤの銘柄によって乗り味はずいぶん変わってきます。なぜなら、自動車メーカーは、サスペンションでは詰めきれない難しいセッティングを、タイヤの性能によってカバーしていることがあるからです。

タイヤが減ってくると乗り心地が悪くなります。一方、新品のタイヤは、山がたくさんあるため、路面からの入力を適度に緩和してくれます。
スポーティなタイヤは、剛性を高めるためパターンブロックが大きくなっています。こういったブロックのタイヤは、ハンドリングはシャープになりますが、乗り心地は損なわれやすくなります。反対に、タイヤに乗り心地を求めると、パターンブロックは小さくなって剛性が低下するのです。一長一短です。両者のバランスをとったインターミディエイトのタイヤは高級車に装着するような銘柄が多く、ちょっと価格が高いのが難点ではありますが、かなり期待に応えてくれることでしょう。

一般車のタイヤは長期的なモノですから、交換してすぐにパフォーマンスを発揮するよりも、長期間安定した性能を維持することが望ましいといえます。プジョー306のように、ボディ全体で剛性を分散するシャシーは、タイヤ剛性が高いものを履くと、ゴツゴツした感じが運転者や同乗者に伝わりやすくなるでしょう。パターンブロックが小さめの、乗り心地重視のタイヤを選ぶことをオススメします。

クルマ生活Q&Aトップへ