【スペック】全長×全幅×全高=4710×18115×1490mm/ホイールベース=2755mm/車重1570kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、22.9kgm/4500rpm)/車両本体価格=516.0万円(テスト車=同じ)

ボルボV70 2.4 Titanium Edition(FF/5AT)【試乗記】

プラス10万円の“T-5スポーツ・ルック” 2003.08.05 試乗記 ボルボV70 2.4 Titanium Edition(FF/5AT)……516.0万円1953年に登場した「PV445“デュエット”」から、2003年で50周年を迎えたボルボのエステートを記念して、世界5000台の限定車「V70 2.4 Titanium Edition」が販売された。日本に500台導入されるスポーティなV70に、自動車ジャーナリストの生方聡が乗った。
リアゲートの「ボルボ・エステート誕生50周年記念エンブレム」。

リアゲートの「ボルボ・エステート誕生50周年記念エンブレム」。 拡大
「Titanium Edition」の名の通り、メタル感あるエクステリアが特徴。特別装備として、チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフやバイキセノンヘッドライト、フロントフォグランプなどが備わる。

「Titanium Edition」の名の通り、メタル感あるエクステリアが特徴。特別装備として、チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフやバイキセノンヘッドライト、フロントフォグランプなどが備わる。 拡大
自動車ジャーナリストの生方聡氏

自動車ジャーナリストの生方聡氏 拡大

エステートの50周年

「(プレミアム)ステーションワゴンならボルボ」といわれるほど、日本でもすっかり定着したボルボのエステート、いわゆるワゴンが、2003年で誕生50周年を迎えた。1953年にデビューしたボルボ最初のエステート「PV445」は、“ビジネスとレジャーのふたつのシーンで活躍するクルマ”ということから「デュエット」の愛称で親しまれた。そのスタイル--切り立ったリアエンドや、広くとられたキャビン--は、現在にも継承されている。

ボルボのエステート50周年記念モデルとして、2003年8月1日から限定販売されたのが「V70 2.4 Titanium Edition」(チタニウム・エディション)である。170psのアウトプットをもつ、NA2.5リッター直5のハイチューン版を搭載する「V70 2.4」をベースに、“スポーティ&モダン・スカンジナビアン・デザイン”をテーマにつくりあげられたこのクルマは、全世界で5000台。うち500台が日本で販売される。

チタニウム・エディションの特徴は、なんといっても精悍なエクステリアだ。ボディカラーは、ボルボのスポーティスペシャル「V70R」「S60R」の専用色である“チタニウムグレーパール”を特別に採用。シルバーのルーフレール、バンパーモール、サイドモールを加えることで、スポーティな印象を高めた。
さらに、V70のトップグレード「T-5Sport」に採用される、7.5×17インチアルミホイール“Thor”(ソア)+225/45R17インチタイヤや、T-5Sportにパッケージオプションとして用意されるセルフレベリング付スポーツサスペンションを標準装着。ルーフスポイラーやフロントフォグランプも、雰囲気づくりに貢献している。

一方、室内は、こちらもT-5Sportに採用されるスポーツレザーシートを装着。ドルビープロロジックシステム付きのプレミアムサウンド・オーディオシステムや、アルミニウムパネルが奢られた。V70 2.4にオプション設定される助手席パワーシートやスライディングルーフ、バイキセノンヘッドライトも標準で装着する。トータル46.0万円分の装備を奢りつつ、ベースモデル(パールペイント)より10.0万円高の516.0万円という価格は、実に魅力的だと思う。

インテリアは、アルミニウムパネルがアクセント。スポーツレザーシートや、ドルビーサラウンドプロロジック付き「プレミアムサウンドオーディオシステム」などの特別装備を奢りつつ、ベース車比10.0万円高に抑えた価格もジマンだ。

インテリアは、アルミニウムパネルがアクセント。スポーツレザーシートや、ドルビーサラウンドプロロジック付き「プレミアムサウンドオーディオシステム」などの特別装備を奢りつつ、ベース車比10.0万円高に抑えた価格もジマンだ。 拡大
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。 拡大

“大人の雰囲気”

試乗会場で対面したチタニウム・エディションは、写真で見るよりもスポーティな印象だった。
ユニークなチタニウムグレーのペイントに、シルバーのパーツがアクセントとなったエクステリア。黒を基調とするインテリアとも、派手さはないが、“大人の雰囲気”を表現するには効果的である。ボルボというと明るい色の内装が真っ先に頭に浮かぶが、チタニウム・エディションのようなまとめ方も、個人的には嫌いではない。

身体にフィットするようデザインされたスポーツレザーシートに身を委ね、さっそくテストドライブを開始する。最初の印象は、乗り心地が硬い! オドメーターに刻まれた距離が600kmそこそこ、慣らしも終わっていない状態ということもあるだろうが、17インチタイアとスポーツサスペンションが路面の凹凸をダイレクトに伝える。高速道路を巡航する場面でも、ボディの上下動そのものは小さいが、落ち着きはいまひとつだった。とはいえ、段差を通過するような場合はうまくショックを遮断するので、突き上げられる感じは少なかった。

17インチアルミホイール「Thor」&225/45R17サイズのタイヤをはじめ、足まわりはV70のスポーティグレード「T-5 Sport」と同じ。サスペンションは、T-5にオプション設定される「スポーツサスペンション」を採用。リアにセルフレベリング機構が付くのは、エステートに長けたボルボらしい。

拡大
(撮影協力=水戸芸術館)

拡大

V70をスポーティに

スパルタンな面をもつチタニウム・エディションだが、エンジンの扱いやすさは従来どおりだ。2.4リッターの直列5気筒DOHCエンジンは、2000rpm以下でも十分なトルクを発揮する。自然吸気エンジンらしくレスポンスにも優れるから、渋滞した街なかでも運転しやすい。一方、まわせば5気筒特有のサウンドとともにフラットで豊かなトルクを紡ぎ出すので、高速道路の追い越しでも困ることはない。高速の直進安定性が優秀なのは、足まわりのチューンも利いているのだろう。

エステートとしての機能性は、評判どおりである。広い荷室が確保されているのはいうまでもないが、たとえば荷室を広げる場合でも、リアシートのヘッドレストを取り外すことなく簡単に操作できる。エステート50年の長い歴史で培った工夫が、随所に活かされているのがうれしい。

T-5Sportほどのパワー(250psある)はいらないが、V70をスポーティに乗りこなしたい人にとって、このチタニウム・エディション、装備でも値段でも、かなり魅力的なモデルだと思う。

(文=生方聡/写真=清水健太/2003年8月)

関連キーワード:
V70ボルボV70試乗記

あなたにおすすめの記事