トヨタ「アルテッツァ」シリーズ、一部改良と特別仕様車

2003.08.05 自動車ニュース
 

トヨタ「アルテッツァ」シリーズ、一部改良と特別仕様車

トヨタ自動車は、FRセダン「アルテッツァ」とワゴン「アルテッツァジータ」を一部改良。外観をスポーティに変更するなどした。
加えて、高級感を演出した「AS200“WiseセレクションIII”」と、スポーティな「RS200“LIMITED II”」、2種類の特別仕様車をセダンとワゴンに設定し、2003年8月1日から販売を開始した。


TOP写真は「アルテッツァ」。下はワゴンの「アルテッツァジータ」
 

■標準装備品を充実

今回の一部改良では、ヘッドランプエクステンションや、フォグランプエクステンションをスモーク調に変更。スポーティ感を強調したという。ボディカラーには、新色の「ダークブルーマイカ」が設定された。
さらに、2リッター直6を搭載するベーシックグレード「AS200」に、オートレベリング機能付きディスチャージヘッドランプと、フロントプロジェクターフォグランプが標準装備されたことも新しい。

価格は、セダンが214.0万円から319.0万円まで。ワゴンのジータは、225.0万円から383.0万円まで。グレードによって価格変動が大きく、特に豪華仕様の“Lエディション”は、従来オプション設定だった「DVDボイスナビゲーション」を標準とするなど、装備を拡大。価格は、30.0万円以上高く設定された。

■お得な特別仕様車

セダンとワゴンの特別仕様車「AS200“WiseセレクションIII”」は、「AS200」(4AT)をベースに、ライトを縁取るエクステンションをサテン調に変更。専用ボディ色「ベージュメタリック」や、15インチ(ジータの4WDは16インチ)アルミホイールにより、高級感を演出した。インテリアは、シルバー調メーター、本革巻ステアリングホイールなどを採用。ベース車はオーディオレスだが、CD/MD付きオーディオ+6スピーカーを装備する。

スポーティ感を高めた「RS200“LIMITED II”」は、セダンの上級グレード「RS200」がベース。ジータのメッシュが入ったフロントグリルや、17インチアルミホイールが、外観をスポーティに演出。インテリアには、シルバー調メーターやスポーツアルミペダルを採用した。6MT車には、トルセンLSDが備わることも特徴である。
なお、今回設定された特別仕様車には、DVDボイスナビゲーションを装着した「ナビパッケージ」も用意される。

特別仕様車はいずれも、価格がベース車の1〜5万円安に設定されたのは嬉しいニュース。詳細は以下の通り。

●アルテッツァAS200(4AT)
“WiseセレクションIII”:210.0万円
同ナビパッケージ:235.0万円
●アルテッツァジータAS200(4AT)
“WiseセレクションIII”(FR):220.0万円
同ナビパッケージ:245.0万円
“WiseセレクションIII”(4WD):250.0万円
同ナビパッケージ:275.0万円

●アルテッツァRS200
“LIMITED II”(6MT):230.0万円
同ナビパッケージ:263.0万円
“LIMITED II”(5AT):234.0万円
同ナビパッケージ:267.0万円

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車:http://www.toyota.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。