「WiLLサイファ」、G-BOOKの性能がアップ

2003.08.04 自動車ニュース

「WiLLサイファ」、G-BOOKの性能がアップ

トヨタ自動車は、コンパクトカー「WiLLサイファ」を一部改良し、2003年8月1日に発売した。トヨタが推す情報ネットワーク「G-BOOK」の機能向上などが主な内容。

「WiLLサイファ」は、「G-BOOK」を他車に先駆けて採用したモデルとして、2002年10月にデビュー。今回、“トヨタ情報戦略の要”がバージョンアップされた。

ナビゲーションシステムのスクロールスピード高速化や、探索時間の短縮などに加え、新サービスを追加。車両マイクで声の録音ができる「VOICEメモ機能」や、ダウンロードしたカラオケ楽曲の保存(「SDカード」)、サブウィンドウのキャラクター変更などが行えるようになった。
さらに新色「DAIDAI(ダイダイ)」を含む7色展開としたのも新しい。

価格は、「より魅力を高めたうえで、車両価格およびG-BOOKのサービス料金は据え置きとしている」(プレスリリース)。車両本体は、126.0万円(1.3リッター、FF/4AT)と148.0万円(1.5リッター、4WD/4AT)。

(webCG 本諏訪)

トヨタ自動車「WiLLサイファ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/willcypha/

 
「WiLLサイファ」、G-BOOKの性能がアップの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る