さよなら、ビートル!

2003.08.01 自動車ニュース
 

さよなら、ビートル!

ドイツの国民車として、否、世界の人気者として愛されてきたフォルクスワーゲン「ビートル」が、2003年7月30日に生産終了を迎えた。68年もの間造られ続けた偉大なる名車、その最後のモデルは、メキシコの工場を離れ、故郷ドイツのミュージアムで生涯を過ごすことになる。


自動車史に名を残す「ビートル」、その最後のモデルは、1.6リッターガソリンエンジンを搭載するアクエリアスブルーの「ウルティマ・エディシオン(最終エディション)」だった。この3000台限定生産モデルは、既に完売しているという
 

この日、最後までビートルを造り続けてきたメキシコのフォルクスワーゲン・デ・メヒコ、プエブラ工場では記念式典が開かれた。「ウルティマ・エディシオン(最終エディション)」と名付けられた限定車のうち、本当の最後の1台、2152万9464台目のビートルは、花の装飾やメキシコ音で見送られながらラインオフ。今後は船で大西洋を渡り、ドイツへと里帰りする。

ビートルは、これまで世界20カ国以上で生産されてきた。ドイツでは1978年の製造終了までに1620万台以上が造られ、また「ヴォチョ」のニックネームで親しまれたメキシコでは、39年もの間、約170万台が生まれた。

フォルクスワーゲン・デ・メヒコのラインハルトユング取締役会長は、メキシコ工場のスタッフに向けて、「皆さんは自動車を生産していただけでなく、伝説を作り上げてくれました。その伝説はビートルを旅の友としたすべての人々の心にしっかりと生き続けるでしょう」と語った。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る