トヨタ「アルファード」にもハイブリッド登場

2003.07.31 自動車ニュース
 

トヨタ「アルファード」にもハイブリッド登場

トヨタ自動車は、同社の最上級ミニバン「アルファード」に、ガソリンエンジン+電気モーターのハイブリッドシステムを載せた「アルファード・ハイブリッド」を、2003年7月30日に発売した。

 

■2トンでリッター17.2km

「アルファード・ハイブリッド」に搭載されるハイブリッドシステムは、「プリウス」(1997年)に次ぐトヨタの量産ハイブリッドカーとして2001年6月に発売された「エスティマ・ハイブリッド」の「THS-C(Toyota Hybrid System-CVT)」を発展させたもの。
前席下にマウントされるハイブリッド用ニッケル水素バッテリーの高出力化や、エネルギーマネージメントの改良などにより、車重2トンの重量級ながらリッター17.2km(10・15モード)、平成22年燃費基準の約2倍という燃費を実現。「平成12年基準排出ガス75%低減レベル(超-低排出ガス車)」認定を取得したのがジマンである。低燃費でエコなミニバンのフラッグシップ、というわけだ。


「エスティマ・ハイブリッド」譲りの「THS-C(Toyota Hybrid System-CVT)」。車両前方(左)に2.4リッター直4+電気モーター、前席下にハイブリッド用のニッケル水素バッテリー、後輪軸上に電気式4WD「E-Four」ユニットを載せる
 

ハイブリッドメーカーとしての地位を確立した観のあるトヨタにとっては、「プリウス」「エスティマ・ハイブリッド」「クラウン・マイルドハイブリッド」、そしてバス「コースター・ハイブリッド」に次ぐ5車種目のハイブリッドカーとなる。

基本メカニズムは、THS-Cと同じだ。
フロントに2.4リッター直4(131ps、19.4kgm)と電気モーター(13kW、11.2kgm)、それにCVT(無段変速機)を搭載。リアにも後輪駆動用モーター(18kW、11.0kgm)を配置した、電気式4輪駆動システム「E-Four」を採用。基本的にはFFだが、必要に応じてリアモーターに電気を送り後輪を駆動する、いわばオンデマンド型4WDである。
プロペラシャフトを持たずに済み、軽量化が図れるものメリットのひとつ。ウェイトはベース車プラス130kgで2000kgピッタリだ。

発進、低速時など、内燃機関の効率が悪いときにはモーターで走り、通常走行に移るとエンジンが駆動力を引き継ぐ。さらに全力加速時にはモーターが加勢し、必要とあれば後輪も駆動して4WDとなる。制動時は、前後のモーターを駆使してエネルギーを「回生」する電子制御ブレーキシステム「ECB(Electronically Controlled Brake system)」、燃費向上に一役買う。



 

これに加え、「VSC(ビークル・スタビリティ・コントロール)」「TRC(トラクション・コントロール)」「EBD(電子式制動力配分制御)付きABS(アンチロック・ブレーキ・システム)」、そして「ブレーキアシスト」を統合制御し、車両の挙動安定を図る。

エスティマ・ハイブリッド同様、走行、停車中を問わない高い発電能力と、大容量バッテリーによる大出力電源もポイントのひとつ。最大1500Wを出力でき、ドライヤー、電子レンジ、OA機器、電動アシスト自転車の充電など、様々な電化製品が使えるという。

ハイブリッド専用のフロントグリル、同バンパー、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプ、エンブレムなどがノーマルとの識別点。全長が40mmプラスされただけで内外のディメンションに変更はない。車内は、ハイブリッド専用の黒木目調インナーメイプル柄センタークラスターパネルや金属調のワイドマルチAVステーションパネルなどで飾られたほか、両側パワースライドドア(「Gエディション」に標準)、前後独立コントロールデュアルオートエアコン(全車に標準)など快適装備が奢られる。



 

さらに7人乗り仕様には、身体の不自由な方や高齢者の方が乗り降りしやすいよう、2列目シートの助手席側に「サイドリフトアップシート」装着グレードを設定。福祉車両「ウェルキャブ」仕様では、シートがそのまま車いすとして利用できるようになる。

価格は以下のとおり。標準仕様で、2.4リッター/4WDの「アルファードAS」比の46.0万円高となる。

アルファード・ハイブリッド
標準/8人乗り 366.0万円
標準サイドリフトアップシート装着車/7人乗り 395.0万円
Gエディション/7・8人乗り 412.0万円
Gエディション・サイドリフトアップシート装着車/7人乗り 441.0万円

アルファード・ハイブリッド・ウェルキャブ
サイドリフトアップシート車脱着タイプ/7人乗り 406.0万円
Gエディション・サイドリフトアップシート車脱着タイプ/7人乗り 452.0万円

(webCG 有吉)

 

トヨタ自動車「アルファード・ハイブリッド」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/alphardhybrid/

関連キーワード:
アルファードトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア 2017.12.25 画像・写真 トヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」がマイナーチェンジ。「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備され、安全性能が高められるとともに、内外装のデザインが改められた。その姿を写真で紹介する。
  • 「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」がマイナーチェンジ 2017.12.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年12月25日、マイナーチェンジしたミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を発表した。2018年1月8日に販売を開始する。価格は335万4480円から750万8160円までとなっている。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ホンダが軽乗用車「N-BOXスラッシュ」のカラーバリエーションを強化 2018.1.18 自動車ニュース ホンダが軽乗用車「N-BOXスラッシュ」をマイナーチェンジ。全グレードでインテリアカラーパッケージとツートンのボディーカラーを選択可能としたほか、インテリアの仕様やボディーカラーのバリエーションも拡充している。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る