都会のフォレスター「クロススポーツ」にNAモデル

2003.07.31 自動車ニュース

都会のフォレスター「クロススポーツ」にNAモデル

富士重工業は、スバルのSUV「フォレスター」に、2リッター水平対向4気筒SOHCエンジンを積む新グレード「クロススポーツ2.0i」を追加設定、2003年7月30日に発売した。

オンとオフを両立する「クロスオーバーコンセプト」の先駆者であるスバル「フォレスター」。2002年10月に追加された「クロススポーツ」は、ベースとなる2リッターターボ「XT」を40mmローダウンし、オンロードタイヤ、意匠の違うルーフレールなどを与えた、都市部ユーザー向けのグレード。今回、2リッター水平対向4気筒SOHCユニット(137ps)搭載モデルを追加し、ラインナップを増強した。

エクステリアを、専用デザインの16インチアルミホイール&215/55R16タイヤ、専用カラードバンパー、サイドクラッディング、サイドスカートでお化粧。インテリアには、MOMO社製本革巻きステアリングホイール、クロススポーツ専用となるシート表皮などを配した。

価格は、同じエンジンを積む「X20」より17.5万円高い、205.5万円。

(webCGオオサワ)

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る