都会のフォレスター「クロススポーツ」にNAモデル

2003.07.31 自動車ニュース

都会のフォレスター「クロススポーツ」にNAモデル

富士重工業は、スバルのSUV「フォレスター」に、2リッター水平対向4気筒SOHCエンジンを積む新グレード「クロススポーツ2.0i」を追加設定、2003年7月30日に発売した。

オンとオフを両立する「クロスオーバーコンセプト」の先駆者であるスバル「フォレスター」。2002年10月に追加された「クロススポーツ」は、ベースとなる2リッターターボ「XT」を40mmローダウンし、オンロードタイヤ、意匠の違うルーフレールなどを与えた、都市部ユーザー向けのグレード。今回、2リッター水平対向4気筒SOHCユニット(137ps)搭載モデルを追加し、ラインナップを増強した。

エクステリアを、専用デザインの16インチアルミホイール&215/55R16タイヤ、専用カラードバンパー、サイドクラッディング、サイドスカートでお化粧。インテリアには、MOMO社製本革巻きステアリングホイール、クロススポーツ専用となるシート表皮などを配した。

価格は、同じエンジンを積む「X20」より17.5万円高い、205.5万円。

(webCGオオサワ)

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

 
都会のフォレスター「クロススポーツ」にNAモデルの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
ホームへ戻る