CARTバンクーバー、地元でトレーシーが連勝

2003.07.28 自動車ニュース

CARTバンクーバー、地元でトレーシーが連勝

CART第11戦決勝が、2003年7月27日、カナダはバンクーバーの市街地コース(2.85km)を100周して行われた。前戦トロントに次ぐカナダ・ラウンドで、地元ファンを前にしたポール・トレーシーが2連勝、今シーズン5勝目を飾った。トレーシーは通算勝利数でボビー・レイホールに並ぶ24勝、CART史上4位タイ記録を達成した。
2位ブルーノ・ジュンケイラ、3位はセバスチャン・ブーデだった。

スタートで先頭に立ったジュンケイラは、ジャンプスタートのペナルティで後退。以後はポールポジションのトレーシーの独断場となり、ジュンケイラに約18秒差、ブーデには25秒差をつけて真っ先にチェッカードフラッグを受けた。

チャンピオンシップでもトップのトレーシーは、ポイントを161点とし、ランキング2位のジュンケイラとのギャップを20点にまで広げた。

次戦決勝は、8月3日。緑豊かなロードアメリカのエルクハートレイクで開催される。

(webCG 有吉)

CARTバンクーバー、地元でトレーシーが連勝の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。