【スペック】全長×全幅×全高=4690×1780×1440mm/ホイールベース=2675mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/2.3リッター直4DOHC16バルブ(178ps/6500rpm、21.9kgm/4000rpm)/車両本体価格=245.0万円(テスト車=286.7万円/テレマティックス対応DVDナビ/BOSEサウンドシステム(ザブウーファー付7スピーカー)/インダッシュ6連装CDチェンジャーキット/リアルーフスポイラー/撥水機能フロントガラス/カーテン&フロントサイドSRSエアバッグシステム)

マツダ・アテンザスポーツワゴン 23Z(4AT)【ブリーフテスト】

マツダ・アテンザスポーツワゴン 23Z(4AT) 2003.07.25 試乗記 ……286.7万円総合評価……★★★★カペラの後継として生まれ、スポーティさをウリとする「アテンザ」。トップグレードとして追加された「23Z」のスポーツワゴンに、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った!

 

マツダらしさ

マツダはまじめ。まじめというと某メーカーのコンパクトカーを思い浮かべるかもしれないが、いい走りを真剣に追求しているという点で、マツダは日本で1、2を争う存在だと思う。
昨2002年にデビューした「アテンザ」も、その期待を裏切ることはなかった。エンジンは、すこし前のマツダからは想像できないほど静かで滑らかに回る。高剛性ボディにしなやかに動くサスペンションを組み合わせたシャシーは、乗り心地と操縦安定性を高度に両立していた。でも、アテンザのなかに、そのよさをストレートにアピールするグレードがなかった。
今回追加された「23Z」は、その役目を与えられたモデル。エンジンは他の2.3リッターと同じだが、シャシーはかなり強化された。それでも快適性はほとんど損なわれず、あらゆる性能がレベルアップ。アテンザというクルマの懐の深さを実感した。そんなクルマのわりには見た目がおとなしいが、これもマツダらしさかもしれない。


 

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
マツダのミドルクラスとして長い間親しまれてきた「カペラ」に代わるモデルとして、2002年に発表されたのが「アテンザ」。ボディタイプは4ドアの「セダン」、5ドアの「スポーツ」、ステーションワゴンの「スポーツワゴン」の3種を用意。フォードグループ全体で使うために開発された、直列4気筒DOHC16バルブエンジンは、2リッターと2.3リッターがある。生産は日本だけでなくアメリカでも行われ、海外では「Mazda 6」の名前で販売される。
(グレード概要)
アテンザの2.3リッターは、セダンに「23E」、スポーツとスポーツワゴンには「23C」と「23S」がデビュー当初からラインナップされる。23Zは、スポーティグレードである23Sの性格をさらに研ぎ澄ませたモデルで、スポーツとスポーツワゴンに設定される。エアロパーツの追加などはない代わりに、18インチのホイール/タイヤ、大径ブレーキローターとレッドのキャリパーを装備。さらに専用チューンドサスペンションを組み込むなど、シャシーのバージョンアップが念入りなのがマツダらしい。


 

 
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
 

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
キャビンはシック&クール。23Sではブラックとシルバーの2トーンだった本革巻きのステアリング/シフトレバー/パーキングブレーキレバーが、ブラックで統一されたことが効いている。アルミ製ペダルがそこにスポーティな彩りを添える。インパネを横に走る細いガーニッシュはカーボン調になったが、こちらはシルバーのまま残されたセンターパネルとのバランスがとれていない感じだった。
(前席)……★★★★
シートは前後とも、黒のレザーとスエード調クロスを組み合わせて、インパネ同様クールな雰囲気。形状は他のアテンザと同じだが、クッションは大きくて厚く、背もたれの張りも十分。短い試乗時間では、まったく不満をおぼえることはなかった。サイドサポートも優れていて、コーナーでもしっかりと体をホールドした。
(後席)……★★★★
ブラック基調のコーディネイトはフロントと同じ。ボディサイズに余裕があるため、2〜2.5リッタークラスのワゴンとしてはトップレベルの広さだ。しかも座面はフロアから高く、背もたれは必要以上に寝ていないので、きちっとした姿勢が取れる。クッションの厚みはほどほどだが、快適。ロングドライブでも疲れにくそうだ。
(荷室)……★★★★
けっこう広い。奥行きはほどほどだが、国産ワゴンとしては深さがあるので使いやすそう。横方向も1780mという車幅を十分に活かしていて、ホイールハウスの張り出しも小さめだ。荷室のレバーを引っ張るだけでリアシートが畳める「KARAKURIフォールド」はとても便利。背もたれが倒れると同時に座面が沈み、低くフラットに畳めるところにマツダのまじめさを感じる。


 

 

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
FFモデル全車が「超ー低排出ガス車」の認定を取得したが、2.3リッター直列4気筒DOHC16バルブエンジンの、加速感やフィーリングは今までとほとんど同じ。大きめな4気筒とは思えない滑らかさ、2リッターとは別物のパンチ力は今でも魅力だ。トランスミッションは5段MTと4段ATが選べるが、ATに乗った限りでは、ギアが4段しかないことが不満。個人的にはMTをチョイスしたい。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
固められたサスペンションに18インチホイール/タイヤというと、ガチガチの乗り心地を想像するところだが、実際は逆。自在に上下にストロークする足のおかげで、固めながらフラットで快適だ。それでいてステアリングの反応はあきらかにクイックになり、太いタイヤはコーナリングスピードを確実にアップしてくれている。ブレーキのすばらしさも特筆ものだ。

(写真=清水健太)

 

【テストデータ】

報告者:森口将之
テスト日:2003年7月10日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)215/45R18(後)同じ(いずれもブリヂストン POTENZA RE050A)
オプション装備:--
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):山岳路(6)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る