IRLナッシュヴィル、ド・フェラン優勝、トヨタ1-2-3

2003.07.22 自動車ニュース

IRLナッシュヴィル、ド・フェラン優勝、トヨタ1-2-3

IRLインディカーシリーズ第9戦決勝が、2003年7月19日、米テネシー州ナッシュヴィルのナッシュヴィル・スーパースピードウェイ(1.33マイルオーヴァル/約2.4km)を200周して行われた。今シーズン3回目のナイトレースは、インディ500ウィナー、ジル・ド・フェランが制した。2位にスコット・ディクソン、3位はエリオ・カストロネベスが入り、トヨタエンジンは1-2-3フィニッシュを達成した。

予選では、ポールポジションのディクソンから6位アレックス・バロンまでトヨタ勢が占拠。レースでも、ディクソン、予選2位のカストロネベス、同3位の高木虎之介らトヨタパワーのマシンがトップ争いを繰り広げた。
後半、アル・アンサーJr.を抜きトップにたった高木だったが、給油のタイミングがグリーンフラッグ中に訪れ、結局7位でフィニッシュした。
ド・フェランは、ラスト27周で首位を奪取、ディクソンを抑え、今シーズン2勝目を飾った。

ルーキー・オブ・ザ・イヤーでトップを守るロジャー安川は、燃料系のトラブルによりコース上でストップ。それでも何とかピットに戻り、トップから3周遅れの15位でレースを終えた。

第2戦フェニックスで負った怪我のため、ツインリンクもてぎでの1戦を欠場したド・フェランは、チャンピオンシップでディクソンを抜き、289点で2位に上昇。このレース9位に終わったポイントリーダーのトニー・カナーンにも、14点差まで迫った。
エンジンメーカーのマニュファクチャラーズランキングは、トヨタが84点、ホンダ67点、シボレー47点というオーダーだ。

次戦決勝は、7月27日。ミシガンのスーパースピードウェイが舞台だ。

(文=webCG 有吉/写真=トヨタ自動車)

IRLナッシュヴィル、ド・フェラン優勝、トヨタ1-2-3の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。