プジョー「206」全仏オープン記念車がカタログモデルに

2003.07.22 自動車ニュース
 

プジョー「206」全仏オープン記念車がカタログモデルに

プジョージャポンは、売れ筋ハッチバック「206」と同オープンモデル「206CC」の特別仕様車だった「ローランギャロス」を、カタログモデルに“昇格”させ、2003年7月19日に発売した。



 

仏プジョー本社が1984年から公式スポンサーを務める、テニスの全仏オープンの名を冠した特別限定モデル「206ローラン・ギャロス」が、「その個性的なカラーリングと魅力的な内装が好評を呼び、予想を上回るペースで完売したため」(プレスリリース)、標準グレードとして設定された。

ベースとなるのは、「206」「206CC」ともに1.6リッター+4ATモデル。テニスコートをイメージしたカラーという、アレザン(タン)とグリーンの「2トーンフルレザーシート」(ローラン・ギャロス刺繍入り)が目印だ。限定車と異なるのは、ブラックメーターパネルを採用した点。外観は「XS」「S16」用のスポーツタイプリアバンパー、ハニカムタイプグリルなどで着飾った。価格は限定車と同じとした。

206には、ルーフ全面がスモークガラスとなる「パノラミックルーフ」を与え、開放感を演出。加えて、電動シェードやアロイホイール、MDプレイヤー+6連奏CDチェンジャー、ラゲッジネットを与えた。価格は、ベースモデル「XTプレミアム」の22.5万円高、222.0万円。

一方の206CCには、MDオーディオプレイヤーやラゲッジネット、2リッター+5MTのスポーツモデル「S16」と同じ205/45R16タイヤとアロイホイールが装着される。ベース車の11.0万円高で、286.0万円。

(webCG 本諏訪)

プジョージャポン:
http://www.peugeot.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る