ランドローバー「ディフェンダー110」最新モデル予約開始

2003.07.22 自動車ニュース

ランドローバー「ディフェンダー110」最新モデル予約開始

ランドローバージャパンは、クロスカントリー4WD「ディフェンダー」の最新モデル、「110SE」「110S」の導入を発表。2003年7月18日に予約受付を開始した。

昨今の豪華絢爛SUVとは一線を画す本格クロカン「ディフェンダー」は、ランドローバーの第1号車であり、1948年の初代デビュー以来、半世紀以上を生き抜いてきた息の長いモデルである。現行型が出たのは1983年。わが国へは2002年から導入されている。

今回発表されたのは、上級「110SE」とベーシックな「110S」の2タイプ。ロングホイールベースのボディに、2.5リッター直5 SOHC直噴ターボディーゼル(122ps/4200rpm、30.6kgm/1950rpm)、5段マニュアルトランスミッションという従来と同じ構成だが、ヘビーデューティーサスペンションは、よりソフトな標準サスペンションに変更された。4チャネル式ABS、4輪ETC(電子制御トラクションコントロール)の標準装備は変わらない。

「110SE」は、16インチホイールやチェッカープレート付きサイドプロテクションレールを装着、フロントグリルとヘッドランプまわりに専用ペイントを施し、精悍なエクステリアを演出。さらにブラックとシルバーを多用したインテリアで上質感を出したという。
ベーシックな「110S」は、シンプルなエクステリア/インテリアを追求。集中ドアロックやパワーウィンドウ、MD付きオーディオを標準装備する。

価格は「110SE」が445.0万円、「110S」は425.0万円。

(webCG 本諏訪)

ランドローバージャパン:
http://www.landrover.co.jp/

 
ランドローバー「ディフェンダー110」最新モデル予約開始の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.16 試乗記 新型「ランドローバー・ディスカバリー」のディーゼルモデルに試乗。500kmにもおよぶ孤独な(?)ロングドライブで、その動力性能や快適性、経済性などについて真剣に考えた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る