第49回:「もてぎJOY耐」報告続き(その2)……チームヤマケン、今年も……トホホ!?

2003.07.18 エッセイ

第49回:「もてぎJOY耐」報告続き(その2)……チームヤマケン、今年も……トホホ!?

チームメイトの飯田裕子さんとツーショット。
第49回:「もてぎJOY耐」報告続き(その2)……チームヤマケン、今年も……トホホ!?
これがランクル、デカい〜。予選ラップタイムは2分32秒433で、結構速いわぁ。
第49回:「もてぎJOY耐」報告続き(その2)……チームヤマケン、今年も……トホホ!?

■多少は進歩したケド……

前回からの続き)
2003年の「チームヤマケン」、ショボかったです。実にたいしたことない。

なんせ、(たぶん)予選クラス33位。実はコレ、予選落ちの成績なんだぁ……。
“自動車業界への貢献度”を考え(自分でいうな!)、救済措置で出られるようになったんだけど、大したことない素人レースのリポートほどツマランものはないんで、はしょって書いちゃうと、結果は「総合31位」。今年は一応トラブルなしだったし、去年が46位だったから、多少は進歩してるとはいえ、大して変わってましぇーん! なさけねー。

久々、落ち込んでる次第。

いわば、“ずーっと100切れないゴルフ”と同じ。セックスでイッたことない人と同じ。こりゃ俺のレース人生について、「考えを改めねば!」と思った次第です。これについては、今度改めて書くのでよろしく。

初代「Z」も登場。予選ラップは2分35秒067。コイツは抜いた記憶があるな、コイツは!
第49回:「もてぎJOY耐」報告続き(その2)……チームヤマケン、今年も……トホホ!?
前回紹介した、「シビック・ハイブリッド」のレースカー。
第49回:「もてぎJOY耐」報告続き(その2)……チームヤマケン、今年も……トホホ!?

■こういうレースも面白い

さて、俺たち以外のレース結果だけど、なかなかおもろかったです。優勝は、去年と同じ「城南安全設備メッカ」チームの「シビック・タイプR」だったんだけど、実は暫定では、「なごみレーシング」の「Fit」、つまりホンダ・フィットが優勝だったんだよねぇ。
やっぱ市販車と同じ、「フィットの走りと燃費の両立はスゴいんかい!?」と思ったけど、どうやら燃料タンク系に違反があったらしい。残念だわ〜。

それより、ロータス「エリーゼ」が3位に入ったり、実はトヨタ「ランドクルーザー」が出てて50位に食い込んでたり、初代「フェアレディZ」(S30型)が68位に入ったり、バラエティ豊か〜。

これがトヨタ「プリウス」のレースカーだ!
第49回:「もてぎJOY耐」報告続き(その2)……チームヤマケン、今年も……トホホ!?
「チームヤマケン」ドライバーズ。2004年はどうなるか!?
第49回:「もてぎJOY耐」報告続き(その2)……チームヤマケン、今年も……トホホ!?

あとね。例の「素人レースでは世界初!」であろう「シビック・ハイブリッド」は、7時間耐久の前日に行われたコンソレーションレース、3時間耐久で見事8位! パチパチパチ〜。ラップタイム2分40秒台で、燃費は実にリッター8km!! 7時間耐久だったら、やっぱり2回ピットインでイケるそうです。2004年は、是非本戦に出て欲しいもんだ。

それからね。実は、ななんと! 3時間耐久にはトヨタ「プリウス」も出てたんだよねぇ〜。トヨタ研究所チームじゃないみたいだけど。これまた、どうやら18位完走したようで。見事〜!

こういう発展を遂げるレースってのも、面白いよね。

(文=小沢コージ/2003年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』