シトロエンなどのポスターを手がけた作家の回顧展

2003.07.17 自動車ニュース

シトロエンなどのポスターを手がけた作家の回顧展

シトロエンやミシュランのポスターを手がけたフランスを代表するポスター作家、レイモンド・サヴィニャックの作品を集めた展覧会「Raymond SAVIGNAC(レイモンド・サヴィニャック)回顧展」が、長野県は軽井沢の田崎美術館で開催される。期間は2003年7月19日から8月31日まで。


シトロエンのエンブレム「ダブルシェブロン」をモチーフにした、ユニークなイラスト

1907年、フランス生まれのサヴィニャックは、1949年に描いた石鹸メーカー「Monsavon」のポスターで注目をあび、以後、ミシュラン、シトロエン、ルノー、 ピレリといった自動車系企業や、エールフランス、エルメス、日本ではとしまえんや森永チョコレート、サントリーといった大手企業のポスターを描いた。シンプルな構図のなかにユーモアとポップさ、優れたデザイン感覚を盛り込んだ作風には定評があり、“現代ポスター作家の巨匠”とまで呼ばれるにいたった。

今回の回顧展は、2002年に他界したサヴィニャックの作品約50点が展示される。開催概要は以下の通り。

会場:田崎美術館(長野県北佐久郡軽井沢町千ヶ滝プリンス通り)
期間:2003年7月19日(土)〜8月31日(日)
時間:9時〜17時
入館料:一般 1000円/中学生以下 500円
サイト:http://www.tasakimuseum.org/

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。