CARTトロント、トレーシーが地元でV

2003.07.14 自動車ニュース

CARTトロント、トレーシーが地元でV

CART第10戦決勝が、2003年7月13日、カナダはトロントの市街地コース(2.808km)を112周して行われた。ポールポジションからスタートしたカナダ人、ポール・トレーシーが、一度もトップを明渡すことなく優勝。7万3000人の地元ファンの前で、今シーズン4勝目、同地で1993年以来の勝利を飾った。
2位にミッシェル・ジョルダインJr.、3位はブルーノ・ジュンケイラだった。

序盤から他車をグイグイ引き離したトレーシー。11周目には2位アレックス・タグリアーニに17秒もの差を築いた。タグリアーニのかわりに追いかける立場となったジュンケイラも、第2スティントで約22秒も水をあけられた。

トレーシーの勝利は、所属するプレイヤーズ・フォーサイス・レーシング・チームにとって格別なものとなった。タイトルスポンサーのプレーヤーズは、CARTにスポンサーとしてかかわるようになった1994年以来、本拠カナダで初の優勝を手にしたからだ。カナダ政府のタバコ広告規制により、プレイヤーズはモータースポーツからの撤退を決めたばかりということもあり、感慨も一入だったろう。

チャンピオンシップランキングでは、トレーシーが2位ジュンケイラとの差を15点まで広げトップを堅持。3位ジョルダインJr.はジュンケイラの11点差だ。

次もカナダ戦。7月27日、バンクーバーで開催される。

(webCG 有吉)

CARTトロント、トレーシーが地元でVの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。