BMWの大型4座クーペ「6シリーズ」が復活

2003.07.12 自動車ニュース
 

BMWの大型4座クーペ「6シリーズ」が復活

独BMWは、高級4座クーペ「6シリーズ」のニューモデルを、2003年7月10日に公表した。9月に開催される「フランクフルトモーターショー」で正式に発表され、本国ドイツで年末から販売される予定。価格などの詳細はまだ未定だが、フラッグシップの7シリーズと同じ価格レベルになるという。


初代6シリーズは、3リッター直6(185ps)を積む「633CS」と、3.3リッター直6(200ps)搭載の「633CSi」(写真)の2グレードで登場した。
 

BMW「6シリーズ」は、初代が1976年3月9日、ジュネーブショー開幕の前日にデビュー。「2500CS」や「3.0CSi」の後継として登場した4座クーペである。先代のアグレッシブなデザインをモダナイズしたスタイリングは「世界でもっとも美しいクーペ」と賞賛され、1989年までつくられた。



 

今回公表されたのは、新しい5や7に搭載される4.4リッターV8(333ps)を積んだ「645Ci」。トランスミッションは3種類の6段ギアボックス、すなわち、6段MT、6段AT、そしてシーケンシャルの「SMG」から選択できる。6MT仕様は、0-100km/hを5.6秒でこなす動力性能をもち、最高速度はリミッターにより制限された250km/hに達する。



 

エクステリアには、新型5シリーズや7シリーズのデザインモチーフが随所に採り入れられた。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4820×1855×1373mm。ライバルとなるであろう、メルセデスベンツ「CL500」(5000×1855×1400mm)とほぼ同じ大きさだ。
ボディには、アルミとスチール、そして複合素材を組み合わせることで軽量化を施した。シャシーは、5シリーズと同様オールアルミ製。車両前部にアルミニウム軽量化技術(WRAT)を用いるなどして、車重は約1600kgに抑えられた。ちなみに、CL500の車重は1830kgである。



 

インテリアは、新型7シリーズ以降のBMWと同様、運転に関わる機能をステアリングホイール周囲と「iDrive」に集約した。室内空間の広さはジマンのひとつで、トランクルームにはゴルフバッグ2個と、スーツケース1つを収納できるという。



 

装備面では、ロードスター「Z4」にも採用された「DDC」(ダイナミック・ドライブ・コントロール)をはじめ、「DTC」(ダイナミックトラクションコントロール)や「DSC」(ダイナミックスタビリティコントロール)などを装備。コーナリング時の横揺れをほぼ完全に補正するという「ダイナミックドライブサスペンション」や、バリアブルレシオの「アクティブステアリング」がオプション設定される。機能装備は高級車らしく、オートマチックエアコンや、最高級ホームオーディオに匹敵するというオーディオシステムが備わる。

(webCGオオサワ)

BMW(インターナショナル):http://www.bmw.com/bmwe/

関連キーワード:
6シリーズ クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティションNEW 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • BMWの新型SUV「X2」が日本デビュー 2018.4.16 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月16日、新型のSUV「BMW X2」を発表し、同日、受注を開始した。基本設計を「X1」と共有しつつも、クーペタイプのスタイリッシュなデザインを特徴としている。
  • レクサスRX450hL(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.3 試乗記 「レクサスRX」のラインナップに加わった「RX450hL」。全長を延長して、3列シートレイアウトを採用した新たなフラッグシップモデルは、ラグジュアリーSUVの分野にいかなる価値を創出したのだろうか。都市部での試乗を通じてじっくり考えた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る