ジャガーXJシリーズ(6AT)【試乗記】

何を遠慮しているのか 2003.07.10 試乗記 ジャガーXJシリーズ(6AT)【短評】コンサバティブな外観とは裏腹に、先進のアルミモノコックボディをもつジャガーのニューXJサルーン。雨の小田原〜箱根で、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。クルマのすばらしさとは裏腹に……。
【スペック】
XJ8 3.5:全長×全幅×全高=5090×1900×1450mm/ホイールベース=3035mm/車重=1680kg/駆動方式=FR/3.5リッターV8DOHC32バルブ(267ps/6250rpm、34.6kgm/4200rpm)/車両本体価格=833.0万円

【スペック】XJ8 3.5:全長×全幅×全高=5090×1900×1450mm/ホイールベース=3035mm/車重=1680kg/駆動方式=FR/3.5リッターV8DOHC32バルブ(267ps/6250rpm、34.6kgm/4200rpm)/車両本体価格=833.0万円
【スペック】
XJ8 4.2:全長×全幅×全高=5090×1900×1450mm/ホイールベース=3035mm/車重=1680kg/駆動方式=FR/4.2リッターV8DOHC32バルブ(304ps/6000rpm、42.9kgm/4100rpm)/車両本体価格=993.0万円

【スペック】XJ8 4.2:全長×全幅×全高=5090×1900×1450mm/ホイールベース=3035mm/車重=1680kg/駆動方式=FR/4.2リッターV8DOHC32バルブ(304ps/6000rpm、42.9kgm/4100rpm)/車両本体価格=993.0万円
ニューXJの3.5リッターV8

ニューXJの3.5リッターV8

サッと次の動作に

アルミモノコックのボディをもつ、「ジャガーXJサルーン」が早々と日本へやってきた。セビリアでの海外試乗会の段階では、まだ生産試作車だったらしく、細部の仕上げに目をつぶらなければならないところもあったが、さすがに販売される量産型はしっかり造り込まれている、というのが第一印象だ。

まず標準型の3.5リッター「XJ8 3.5」を試す。テスト車のステアリングホイール位置は右で、左ハンドルに較べると、エンジンとトランスミッションの張り出し部分が左にくる関係上、やや足元が窮屈な気もする。しかし、コーナリング時に膝で身体を支えられるから、横Gに対してはフットレストより頼りになる。“Jゲート”をもつシフトレバーは、左手で操作することになるが、むしろ右手で操作するよりこの方が自然な気がする。
3.5リッターV8は、267ps/6250rpmの最高出力と34.6kgm/4200rpmの最大トルクを発生する。パワーは十分。とにかく身軽な印象でスッと発進する。1速がやや引っ張り気味で2速に引き継がれるが、シフト時の回転落差が大きめ、加えて伸び過ぎに感じられる。1-2-3と、もっとシュンと短く吹けて3速へと送ってくれた、初期の「Sタイプ」が懐かしい。

身軽さを感じるのは、加速時より減速時の方が顕著だ。ブレーキペダルから足を放すと、通常このクラスの車はボディの慣性が残るから、もう一度ペダルを踏み込みたくなるもの。しかし、XJは足を戻すと同時に、サッと次の動作に入ることができ、即座に加速体制もとれる。当日、車種は異なるが、同じく1.7トンクラスのクルマに乗り換えるチャンスがあり、特にこの点が強烈に感じられた。

試乗車のXJ4.2は、オプションのクラシックインテリアと、前席ヘッドレストの後ろの6.5インチ液晶モニターをオプション装着していた。いずれの装備も、スーパーチャージャー付きエンジンを積むもっともラクシャリーなグレード「Super V8」には標準装備される。

試乗車のXJ4.2は、オプションのクラシックインテリアと、前席ヘッドレストの後ろの6.5インチ液晶モニターをオプション装着していた。いずれの装備も、スーパーチャージャー付きエンジンを積むもっともラクシャリーなグレード「Super V8」には標準装備される。
後席アームレストに収まるリモコンで、オーディオやTVなど、リアのマルチメディア関連を集中コントロールできる。AV端子も備え、TVゲームや携帯MP3プレーヤーなどを接続することも可能だ。

後席アームレストに収まるリモコンで、オーディオやTVなど、リアのマルチメディア関連を集中コントロールできる。AV端子も備え、TVゲームや携帯MP3プレーヤーなどを接続することも可能だ。

お仕着せのエアサス

次に4.2リッターを積む「XJ8 4.2」に乗った。正直なところ、3.5リッターモデルと160万円の差は見いだしにくい。パワー差は確かにあるが、3.5で十分という手応えをもってしまった後では、それほどの魅力はない。

続いて、スポーティグレード「XJR」に乗る。4.2リッターV8をスーパーチャージャーで過給し、406ps/6100rpmの最高出力と、56.4kgm/3500rpmの最大トルクを得る。やはり、406psともなるとそれなりの差があり、魅力もある。パワーは安定性にも寄与するから、降りだした雨にもかかわらず、安心して走ることができた。

3台乗り比べてから、じっくり考えて頭のなかを整理してみた。共通している美点は、とにかくアルミボディによる、身軽さの好印象が一番。これは駆動系のソリッド感とも相まって、カシッと一体になって「動き」「止まる」ことの感動がある。ウッドパネルやレザーに囲まれた寛ぎの居住性ももちろんいい。加えて、全長5090mm、全幅1900mm、このビッグサイズの剛体の挙動そのものが、高級感を否応なく感じさせてくれる。

一方、ボディの軽さに反発するわけではないが、おなじXJサルーンでもグレード間で明確な差として感じるのは、バネ上荷重の重さが及ぼす乗り心地への貢献である。位置エネルギーの大きさは、そのまま居座る慣性重量となり、フラット感を得るのに有利だ。スーッと水平に、上下動なく進むことも高級車にとって大事な要素なのである。
この点では、車重がすこし重いXJRが勝る。3.5や4.2は、微小ながらバネ系が反発する低周波の振動を感じる。段差のハーシュネスなど単突起の挙動を観察すると、無理に押さえ込もうとする微振動が残るのだ。大袈裟にいえば「ガツン」とくる硬めのXJRの方がゲインは高い(突き上げは大きい)が、一発でスっと納まる気持ちよさがある。思うに、新しいXJに使われるエアサスは、ドイツのサプライヤーのお仕着せなのだろう。ジャガーとしてのチューニングがママならないように思えてならない。

【スペック】
XJR:全長×全幅×全高=5090×1900×1450mm/ホイールベース=3035mm/車重=1760kg/駆動方式=FR/4.2リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー・インタークーラー付き(406ps/6100rpm、56.4kgm/3500rpm)/車両本体価格=1193.0万円



戦略の拙さ

試乗を終え、ニューXJの説明をうけているうちに、もらったアンケート用紙へ記入するクルマのランクが変わった。「4」から「2」へ。それは、クルマとしての“ポジショニング”の項だ。

ジャガーは、XJサルーンの価格帯を“メルセデス&BMW軍団”の下に位置づける。ここに、ジャガーのコンプレックスを感じるのだ。言い換えるなら、自信のなさの表れである。
アルミモノコックの技術を始め、高級車のなんたるかを心得ているはずのジャガーにして、戦略としての拙さが感じられる。ロールスロイスやベントレーは“別格”としても、ジャガーはその下、つまり、ドイツ製“高価格実用車”の上に君臨すべきだと思う。だから販売戦略としても、君臨させなければならない。

たとえば、ダンパーメーカーに独自のチューンを依頼し、ATメーカーに独自のギア比を注文して、たとえ車両価格があと200万円高くなっても、ジャガー独自のテイストが盛り込まれればむしろユーザーは悦ぶはずである。価格で競争するなら、3リッターV6を積む「XJ6」を投入すればいい。せっかく素晴らしいクルマをつくったのに、何を遠慮しているのかわからない。

(文=笹目二朗/写真=清水健太/2003年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る