マツダ「アテンザ」にスポーティグレード追加

2003.07.10 自動車ニュース
 

マツダ「アテンザ」にスポーティグレード追加

マツダは、5ドアハッチバックの「アテンザスポーツ」とステーションワゴンの「アテンザスポーツワゴン」に、スポーツサスペンションや18インチタイヤなどを装着した新グレード「23Z」を追加設定した。2003年7月9日から販売を開始する


【写真上】アテンザスポーツ23Z
【写真下】アテンザスポーツワゴン23Z
 

2002年5月に登場した「アテンザ」は、4ドアセダン/5ドアハッチバック/5ドアステーションワゴンのボディバリエーションをもつミッドサイズカー。2.0、2.3リッターのエンジンをそろえ、スポーティさをウリとして販売されてきた。ちなみに、海外では「Mazda6」の名で販売される、世界戦略車でもある。

今回追加された「23Z」は、走りとともに上質感を高めたトップグレード。「アテンザスポーツ23Z」「アテンザスポーツワゴン23Z」とも、ベースとなるのは2.3リッターエンジン(178ps、21.9kgm)搭載の「23S」(FF)。これに、専用にチューニングされたサスペンションや、18インチタイヤ&アルミホイール、大径ブレーキローター(前16インチ、後15インチ)を装着した。赤いブレーキキャリパーやマフラーカッター(「スポーツ」のみ)が、スポーティな雰囲気を演出する。

インテリアは、シートを含む各所にブラックレザーを採用。アルミペダル、カーボン調インパネサイドガーニッシュの採用とあわせ、上質かつスポーティなイメージを高めたという。

ボディカラーは、専用色「ベロシティレッドマイカ」を含む全4色の設定。価格は、従来のトップグレード「23S」より、15.0万円高となる。価格詳細は、以下の通り。

●マツダ「アテンザ」
スポーツ23Z(FF):235.0万円(5MT)、245.0万円(4AT)
スポーツワゴン23Z(FF):235.0万円(5MT)、245.0万円(4AT)

なお、今回の「23Z」追加と同時に、同車を含む「アテンザ」の2.3リッターモデル(FF)が、「超-低排出ガス車」認定を取得した。

(webCG 本諏訪)

マツダ「アテンザ」:
http://www.atenza.mazda.co.jp/

関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • マツダ、運転支援システムの設定を大幅に拡大 2017.3.13 自動車ニュース マツダが「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」と呼ばれる運転支援システムの設定を大幅に拡大。2017年度中に、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5モデルにおいて、標準装備化すると発表した。
  • マツダ、「アテンザ」をマイナーチェンジ 2016.8.25 自動車ニュース マツダは2016年8月25日、フラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジを施し、同日発売した。「G-ベクタリングコントロール」や「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」などを採用し、人間にとって気持ちのいい走りを追求した。
  • マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)【試乗記】 2013.3.26 試乗記 マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)
    ……326万2250円

    すでに高い人気を博している新型「マツダ・アテンザ」。今回は多彩なラインナップの中でも、ツウをうならせるマニアックなディーゼル×6段MT仕様に試乗。最新鋭のディーゼルエンジンを「手こぎ」で堪能した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る