マツダ「アテンザ」にスポーティグレード追加

2003.07.10 自動車ニュース
 

マツダ「アテンザ」にスポーティグレード追加

マツダは、5ドアハッチバックの「アテンザスポーツ」とステーションワゴンの「アテンザスポーツワゴン」に、スポーツサスペンションや18インチタイヤなどを装着した新グレード「23Z」を追加設定した。2003年7月9日から販売を開始する


【写真上】アテンザスポーツ23Z
【写真下】アテンザスポーツワゴン23Z
 

2002年5月に登場した「アテンザ」は、4ドアセダン/5ドアハッチバック/5ドアステーションワゴンのボディバリエーションをもつミッドサイズカー。2.0、2.3リッターのエンジンをそろえ、スポーティさをウリとして販売されてきた。ちなみに、海外では「Mazda6」の名で販売される、世界戦略車でもある。

今回追加された「23Z」は、走りとともに上質感を高めたトップグレード。「アテンザスポーツ23Z」「アテンザスポーツワゴン23Z」とも、ベースとなるのは2.3リッターエンジン(178ps、21.9kgm)搭載の「23S」(FF)。これに、専用にチューニングされたサスペンションや、18インチタイヤ&アルミホイール、大径ブレーキローター(前16インチ、後15インチ)を装着した。赤いブレーキキャリパーやマフラーカッター(「スポーツ」のみ)が、スポーティな雰囲気を演出する。

インテリアは、シートを含む各所にブラックレザーを採用。アルミペダル、カーボン調インパネサイドガーニッシュの採用とあわせ、上質かつスポーティなイメージを高めたという。

ボディカラーは、専用色「ベロシティレッドマイカ」を含む全4色の設定。価格は、従来のトップグレード「23S」より、15.0万円高となる。価格詳細は、以下の通り。

●マツダ「アテンザ」
スポーツ23Z(FF):235.0万円(5MT)、245.0万円(4AT)
スポーツワゴン23Z(FF):235.0万円(5MT)、245.0万円(4AT)

なお、今回の「23Z」追加と同時に、同車を含む「アテンザ」の2.3リッターモデル(FF)が、「超-低排出ガス車」認定を取得した。

(webCG 本諏訪)

マツダ「アテンザ」:
http://www.atenza.mazda.co.jp/

関連キーワード:
アテンザセダンアテンザワゴンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(マツダ) 2017.12.4 画像・写真 マイナーチェンジを受けた「アテンザ」に加え、日本ではお目にかかれないプロトタイプレーシングカーの姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、マツダブースの様子を展示車両の姿とともにリポートする。
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • 【LAショー2017】マツダ、アテンザをマイナーチェンジ 2017.11.17 自動車ニュース マツダは2017年11月16日、商品改良した「マツダ6(日本名:アテンザ)」のセダンモデルを、ロサンゼルスオートショー(開催期間:2017年11月29日~12月10日)で公開すると発表した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
ホームへ戻る