マツダ「アテンザ」にスポーティグレード追加

2003.07.10 自動車ニュース
 

マツダ「アテンザ」にスポーティグレード追加

マツダは、5ドアハッチバックの「アテンザスポーツ」とステーションワゴンの「アテンザスポーツワゴン」に、スポーツサスペンションや18インチタイヤなどを装着した新グレード「23Z」を追加設定した。2003年7月9日から販売を開始する


【写真上】アテンザスポーツ23Z
【写真下】アテンザスポーツワゴン23Z
 

2002年5月に登場した「アテンザ」は、4ドアセダン/5ドアハッチバック/5ドアステーションワゴンのボディバリエーションをもつミッドサイズカー。2.0、2.3リッターのエンジンをそろえ、スポーティさをウリとして販売されてきた。ちなみに、海外では「Mazda6」の名で販売される、世界戦略車でもある。

今回追加された「23Z」は、走りとともに上質感を高めたトップグレード。「アテンザスポーツ23Z」「アテンザスポーツワゴン23Z」とも、ベースとなるのは2.3リッターエンジン(178ps、21.9kgm)搭載の「23S」(FF)。これに、専用にチューニングされたサスペンションや、18インチタイヤ&アルミホイール、大径ブレーキローター(前16インチ、後15インチ)を装着した。赤いブレーキキャリパーやマフラーカッター(「スポーツ」のみ)が、スポーティな雰囲気を演出する。

インテリアは、シートを含む各所にブラックレザーを採用。アルミペダル、カーボン調インパネサイドガーニッシュの採用とあわせ、上質かつスポーティなイメージを高めたという。

ボディカラーは、専用色「ベロシティレッドマイカ」を含む全4色の設定。価格は、従来のトップグレード「23S」より、15.0万円高となる。価格詳細は、以下の通り。

●マツダ「アテンザ」
スポーツ23Z(FF):235.0万円(5MT)、245.0万円(4AT)
スポーツワゴン23Z(FF):235.0万円(5MT)、245.0万円(4AT)

なお、今回の「23Z」追加と同時に、同車を含む「アテンザ」の2.3リッターモデル(FF)が、「超-低排出ガス車」認定を取得した。

(webCG 本諏訪)

マツダ「アテンザ」:
http://www.atenza.mazda.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る