マツダ「アテンザ」にスポーティグレード追加

2003.07.10 自動車ニュース
 

マツダ「アテンザ」にスポーティグレード追加

マツダは、5ドアハッチバックの「アテンザスポーツ」とステーションワゴンの「アテンザスポーツワゴン」に、スポーツサスペンションや18インチタイヤなどを装着した新グレード「23Z」を追加設定した。2003年7月9日から販売を開始する


【写真上】アテンザスポーツ23Z
【写真下】アテンザスポーツワゴン23Z
 

2002年5月に登場した「アテンザ」は、4ドアセダン/5ドアハッチバック/5ドアステーションワゴンのボディバリエーションをもつミッドサイズカー。2.0、2.3リッターのエンジンをそろえ、スポーティさをウリとして販売されてきた。ちなみに、海外では「Mazda6」の名で販売される、世界戦略車でもある。

今回追加された「23Z」は、走りとともに上質感を高めたトップグレード。「アテンザスポーツ23Z」「アテンザスポーツワゴン23Z」とも、ベースとなるのは2.3リッターエンジン(178ps、21.9kgm)搭載の「23S」(FF)。これに、専用にチューニングされたサスペンションや、18インチタイヤ&アルミホイール、大径ブレーキローター(前16インチ、後15インチ)を装着した。赤いブレーキキャリパーやマフラーカッター(「スポーツ」のみ)が、スポーティな雰囲気を演出する。

インテリアは、シートを含む各所にブラックレザーを採用。アルミペダル、カーボン調インパネサイドガーニッシュの採用とあわせ、上質かつスポーティなイメージを高めたという。

ボディカラーは、専用色「ベロシティレッドマイカ」を含む全4色の設定。価格は、従来のトップグレード「23S」より、15.0万円高となる。価格詳細は、以下の通り。

●マツダ「アテンザ」
スポーツ23Z(FF):235.0万円(5MT)、245.0万円(4AT)
スポーツワゴン23Z(FF):235.0万円(5MT)、245.0万円(4AT)

なお、今回の「23Z」追加と同時に、同車を含む「アテンザ」の2.3リッターモデル(FF)が、「超-低排出ガス車」認定を取得した。

(webCG 本諏訪)

マツダ「アテンザ」:
http://www.atenza.mazda.co.jp/

関連キーワード:
アテンザセダンアテンザワゴンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 「水野和敏的視点」 vol.70 「スバルWRX STI」 2014.10.10 mobileCG スバルのスポーツモデル「WRX STI」を、ミスターGT-Rはどう評価する?
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
ホームへ戻る