ロータス「エリーゼ」の2004年モデル発表

2003.07.09 自動車ニュース

ロータス「エリーゼ」の2004年モデル発表

ロータスカーズの日本正規輸入代理店エルシーアイ(株)は、ライトウェイトスポーツ「エリーゼ」の2004年モデルと、エリーゼをベースにサーキット走行向けチューンを施した「スポーツ111」を発表。2003年7月10日から、新しいラインナップでの販売を開始する。

ロータス「エリーゼ」の2004年モデルは、最高出力120psの1.8リッター直4DOHCを搭載する「エリーゼ」と、160psを発するバルブコントロール機構「VVC」付きエンジンを採用した「エリーゼ111」。双方に、パワーウィンドウ、集中ドアロック、防音ソフトトップなどの装備を奢った上級「S」を設定する。価格は、従来の同等モデルと比べて10.0万円から25.0万円ほど値上がりした。

●ロータス「エリーゼ」2004年モデル
エリーゼ:459.0万円
エリーゼS:515.0万円
エリーゼ111:538.0万円
エリーゼ111S:569.0万円

同時に、一般道とサーキット、どちらでも高いパフォーマンスを発揮できるようにチューンされた、「エリーゼ・スポーツ111」(写真)も発表。「エリーゼ111S」をベースに、スチールロールバーやLotus Sportsのエグゾーストシステム、O.Z.製レーシングアロイホイールなどを付与。サスペンションなども改良され、よりダイレクトでシャープなドライビングフィールを与えたという。さらに、アルカンタラ素材のスポーツシートや4点ハーネスシートベルトを装着した、サーキット走行専用モデル「スポーツ111サーキット」も用意される。

価格は「スポーツ111ロード」が595.0万円。「スポーツ111サーキット」が615.0万円。

(webCG 本諏訪)

ロータスカーズ:
http://www.lotus-cars.jp/

 
ロータス「エリーゼ」の2004年モデル発表の画像

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る