ロータス「エリーゼ」の2004年モデル発表

2003.07.09 自動車ニュース

ロータス「エリーゼ」の2004年モデル発表

ロータスカーズの日本正規輸入代理店エルシーアイ(株)は、ライトウェイトスポーツ「エリーゼ」の2004年モデルと、エリーゼをベースにサーキット走行向けチューンを施した「スポーツ111」を発表。2003年7月10日から、新しいラインナップでの販売を開始する。

ロータス「エリーゼ」の2004年モデルは、最高出力120psの1.8リッター直4DOHCを搭載する「エリーゼ」と、160psを発するバルブコントロール機構「VVC」付きエンジンを採用した「エリーゼ111」。双方に、パワーウィンドウ、集中ドアロック、防音ソフトトップなどの装備を奢った上級「S」を設定する。価格は、従来の同等モデルと比べて10.0万円から25.0万円ほど値上がりした。

●ロータス「エリーゼ」2004年モデル
エリーゼ:459.0万円
エリーゼS:515.0万円
エリーゼ111:538.0万円
エリーゼ111S:569.0万円

同時に、一般道とサーキット、どちらでも高いパフォーマンスを発揮できるようにチューンされた、「エリーゼ・スポーツ111」(写真)も発表。「エリーゼ111S」をベースに、スチールロールバーやLotus Sportsのエグゾーストシステム、O.Z.製レーシングアロイホイールなどを付与。サスペンションなども改良され、よりダイレクトでシャープなドライビングフィールを与えたという。さらに、アルカンタラ素材のスポーツシートや4点ハーネスシートベルトを装着した、サーキット走行専用モデル「スポーツ111サーキット」も用意される。

価格は「スポーツ111ロード」が595.0万円。「スポーツ111サーキット」が615.0万円。

(webCG 本諏訪)

ロータスカーズ:
http://www.lotus-cars.jp/

 
ロータス「エリーゼ」の2004年モデル発表の画像

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
  • 第4回:これぞ紳士の国の乗り物
    輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その1)
    2018.3.12 JAIA輸入車試乗会2018 出展ブランドの多さもあってか、今年のJAIA取材で最も試乗台数が多かったのが“みんな大好き”英国のクルマである。まずはMINIの「クラブマン」と「クロスオーバー」、「ロータス・エリーゼ」「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」の魅力をリポートする。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2011.1.20 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    マイナーチェンジで、見た目も中身も新しくなった「ロータス・エリーゼ」。その仕上がり具合をチェックしてみた。
ホームへ戻る