日産「マーチ」にスポーティグレードを追加

2003.07.03 自動車ニュース

日産「マーチ」にスポーティグレードを追加

日産自動車は、コンパクトカー「マーチ」に、エアロパーツなどの専用装備を付与したスポーティグレード「14s」を設定し、2003年7月1日から販売を開始した。

追加された「マーチ 14s」は、内外装に専用装備を採用してスポーティを演出したモデル。ボディ形状は5ドア、パワートレインは1.4リッターエンジン+4ATとなる。駆動方式はFF(前輪駆動)のみ。

エクステリアは、フロント、ルーフ、リヤバンパーの各スポイラーや、サイドシルプロテクターを採用。ラジエターグリルやヘッドランプ内部もブラックの専用品となるほか、15インチアルミホイールを装着する。
インテリアは、専用のブラック内装。タコメーターやディンプル加工された本革巻ステアリングホイールに加え、専用シートが与えられた。価格は、1.4リッターを積むトップグレード「14e」と同じ、132.0万円となる。

さらに、マーチの全グレードに対して、新しいボディカラーの「ショコラ」(茶色)、「クリスタルブルー」、「ルミナスレッド」を追加。従来の「アクティブレッド」「ブリリアントブルー」と、イメージカラーの1つだった「アプリコット」が落とされたため、全12色のカラーバリエーションは変わらない。ほかに、自動車業界初という、除菌とイオンコントロール効果のある「プラズマクラスターイオンTMエアコン」がオプション設定されたことも新しい。

(webCGオオサワ)

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/

 
日産「マーチ」にスポーティグレードを追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
ホームへ戻る