日産「マーチ」にスポーティグレードを追加

2003.07.03 自動車ニュース

日産「マーチ」にスポーティグレードを追加

日産自動車は、コンパクトカー「マーチ」に、エアロパーツなどの専用装備を付与したスポーティグレード「14s」を設定し、2003年7月1日から販売を開始した。

追加された「マーチ 14s」は、内外装に専用装備を採用してスポーティを演出したモデル。ボディ形状は5ドア、パワートレインは1.4リッターエンジン+4ATとなる。駆動方式はFF(前輪駆動)のみ。

エクステリアは、フロント、ルーフ、リヤバンパーの各スポイラーや、サイドシルプロテクターを採用。ラジエターグリルやヘッドランプ内部もブラックの専用品となるほか、15インチアルミホイールを装着する。
インテリアは、専用のブラック内装。タコメーターやディンプル加工された本革巻ステアリングホイールに加え、専用シートが与えられた。価格は、1.4リッターを積むトップグレード「14e」と同じ、132.0万円となる。

さらに、マーチの全グレードに対して、新しいボディカラーの「ショコラ」(茶色)、「クリスタルブルー」、「ルミナスレッド」を追加。従来の「アクティブレッド」「ブリリアントブルー」と、イメージカラーの1つだった「アプリコット」が落とされたため、全12色のカラーバリエーションは変わらない。ほかに、自動車業界初という、除菌とイオンコントロール効果のある「プラズマクラスターイオンTMエアコン」がオプション設定されたことも新しい。

(webCGオオサワ)

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/

 
日産「マーチ」にスポーティグレードを追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る