プジョー「307」のラインナップを変更

2003.07.03 自動車ニュース

プジョー「307」のラインナップを変更

プジョージャポンは、プレミアムコンパクト「307」シリーズの機種と価格を見直し、2003年7月1日から新たなラインナップで販売を開始する。

プジョー「307」は、コンパクトハッチ「206」に次ぐ販売台数を誇る、プジョーの人気モデル。日本には、2001年9月から2リッターモデル「XT/XS/XSi」を導入、2002年7月に1.6リッターの「スタイル」、同年10月にステーションワゴン系の「SW」と「Break」を追加するなど、ラインナップの充実を図ってきた。今回は、売れ筋グレードに整理するとともに、装備などの見直しを行う。

新しいラインナップでは、1.6リッターのスタイルを“ベーシックグレード”として際だたせるべく、2リッターの廉価モデル「XT」がカタログから落とされた。加えて、「XS/XSi」3ドアモデルの5段MT仕様も導入されなくなる。AT仕様の販売比率が高いからだというが、スポーティイメージから、各モデルにMT車を設定してきたプジョーだけに残念である。307のMT仕様は、「スタイル」の5ドアモデルと、「XSi」の5ドアモデル(こちらは受注生産)に残るのみとなる。人気の高い「スタイル」「SW」「Break」については、ラインナップに変更はない。
装備面でも一部見直しが行われ、従来オプション(3.0万円)だったAM/FM MDプレイヤーが、顧客ニーズが高いことを受けて標準装備となったことも新しい。

価格は、MDプレイヤーが標準装備になった、「XS」「XSi」「XS Break」が1.0万円、「SW」は2.0万円引き上げられた。新しいラインナップと価格は、以下の通り。

●「307」
スタイル(1.6リッター/FF、右ハンドル):210.0万円(5MT)、220.0万円(4AT)
XS(2リッター/FF、右ハンドル):253.0万円(4AT)
XSi(2リッター/FF、右ハンドル):268.0万円(5MT、受注生産)、278.0万円(4AT)
スタイル Break(1.6リッター/FF、右ハンドル):235.0万円(4AT)
XS Break(2リッター/FF、右ハンドル):268.0万円(4AT)
SW(2リッター/FF、右ハンドル):281.0万円(4AT)

(webCG 本諏訪)

プジョージャポン
https://www.peugeot.co.jp/

 
プジョー「307」のラインナップを変更の画像

関連キーワード:
307プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • 「プジョー308/308SW」に充実装備の特別仕様車 2018.1.5 自動車ニュース 「プジョー308/308SW」に特別仕様車の「スペシャルエディション」が登場。「アリュール」「アリュールBlueHDi」の2グレードをベースに、17インチアルミホイールやサンルーフ、DENON製のオーディオシステムなどを特別装備している。
  • プジョーが「3008」と「5008」のディーゼルモデルを値上げ 2017.11.22 自動車ニュース プジョーのSUV「3008」「5008」のディーゼルモデルの価格が改定された。新価格は「3008GT BlueHDi」が444万円、「5008GT BlueHDi」が469万円と、ともに従来の価格より15万円の値上げとなっている。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
ホームへ戻る