スバル「プレオ」に3種類の特別仕様車

2003.07.03 自動車ニュース
 

スバル「プレオ」に3種類の特別仕様車

富士重工業は、軽乗用車「プレオ」に特別仕様車「RS Limited」「LS Limited」「L SPECIAL COLOR SELECTION」の3車種を設定し、2003年6月30日から販売を開始した。いずれも、ベース車に人気装備を充実させながら、価格を据え置いたお買い得仕様となっている。


【写真上】「LS Limited」
【写真下】「L SPECIAL COLOR SELECTION」
 

■スポーティを演出した「RS Limited」&「LS Limited」

特別仕様車の「RS Limited」と「LS Limited」は、スポーティグレードであるDOHCスーパーチャージャーエンジンを搭載する「RS」と、SOHCマイルドチャージエンジンを積む「LS」がベース。2車種に共通の装備として、エクステリアにブルーリフレクターヘッドライトとフォグランプを採用。インテリアには、アルミパッド付スポーツペダルを始め、メタリックシルバー塗装メーターパネル&パワーウィンドウスイッチパネル、専用ダークブルーシート表皮とドアトリムを装着し、スポーティなイメージを演出した。

さらに、「RS Limited」はゴールド塗装の14インチアルミホイールを装備。「LS Limited」は、ブラック塗装の13インチアルミホイール、本革巻ステアリングホイール、ハイマウントストップランプ内蔵大型ルーフスポイラーが奢られる。なお、この「RS Limited」「LS Limited」の発売により、「RS」「LS」はラインナップから落とされる。

■商品力を高めた「L SPECIAL COLOR SELECTION」

もう1車種の「L SPECIAL COLOR SELECTION」は、カジュアルグレードの「L SPECIAL」をベースに、フロントターンランプをクリアタイプに変更。インテリアは、専用色のカスタードイエローに塗装したセンターパネルを採用したほか、同じく専用色のシート表皮とドアトリムには、撥水加工が施された。

3車種とも、価格はベース車から据え置かれ、「RS Limited」が121.5万円(FF/5MT)から142.4万円(4WD/CVT)、「LS Limited」が110.0万円(FF/5MT)から129.9万円(4WD/CVT)、「L SPECIAL COLOR SELECTION」が89.8万円(FF/5MT)から106.7万円(4WD/CVT)となる。

(webCG 本諏訪)

スバル「プレオ」:
http://www.subaru.co.jp/pleo/

関連キーワード:
プレオスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る