IRLリッチモンド、ディクソン/トヨタが連勝

2003.06.30 自動車ニュース

IRLリッチモンド、ディクソン/トヨタが連勝

IRLインディカーシリーズ第7戦決勝が、2003年6月28日、米バージニア州のリッチモンド・インターナショナル・レースウェイ(0.75マイル/約1.2km)で開催された。シリーズ最短のショートオーヴァルで行われたナイトレースは、雨により44周を残して終了。22歳のニュージーランド人、スコット・ディクソンが、前戦パイクスピークに次ぐ2連勝、今シーズン3勝目をあげた。

2位エリオ・カストロネベス、3位ジル・ド・フェランと、チームペンスキーが2-3フィニッシュを飾り、トヨタエンジン搭載マシンが1位から3位までを独占。トヨタは5連勝を記録した。
前年のチャンピオン、サム・ホーニッシュJr.が最後の64周で9位から4位にポジションアップしゴール。劣勢否めないシボレーエンジンに一筋の光明を与えた。

高木虎之介は、予選で3位と好位置につけたものの、プラクティスでマシンをクラッシュさせTカーへスイッチ。レギュレーションにより最後尾スタートとなってしまった。ぶっつけ本番でセッティングが完璧ではなく苦しいレースとなったが、結果13位でフィニッシュした。

ロジャー安川は、18番手からスタートし11位でゴール。ルーキーポイント争いでトップの座を守った。

ランキングトップは、このレース5位に終わったトニー・カナーンで247点。しかし今シーズン最多の3勝目をマークしたディクソンが、その差を27点まで縮めて追っている。

次戦決勝は7月6日。カンサス・スピードウェイの1.5マイルオーヴァルが舞台だ。

(文=webCG 有吉/写真=トヨタ自動車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。