アウディ「A4」「A6」に、スポーティな「S-line」

2003.06.25 自動車ニュース
 

アウディ「A4」「A6」に、スポーティな「S-line」

アウディジャパンは、ミディアムセダン「A4」と、アッパーミドルサルーン「A6」、同ワゴン「A6アバント」に、スポーティグレードたる「S-line」を追加設定。2003年6月24日に発売した。


【写真上】A4 1.8T quattro S-line
【写真下】A6 Avant 3.0 quattro S-line
 

「S-line」は、ノーマルの「A」と、ハイパフォーマンスバージョン「S」「RS」の中間を担う新シリーズ。ベースとなるAシリーズに、専用の内外装品などを与え、スポーティさを演出した。

「A4」が、2リッター(130ps/19.9kgm)+FFの「A4 2.0 S-line」(399.0万円)と、1.8リッターターボ(170ps/22.9kgm)+4WDの「A4 1.8T quattro S-line」(455.0万円)、「A6」は、2.7リッターターボ(250ps/35.7kgm)+4WDの「A6 2.7T quattro S-line」(649.0万円)と、3リッター(220ps/30.6kgm)+4WDのワゴン「A6アバント3.0 quattro S-line」(665.0万円)の4車種だ。

いずれも、専用の9本スポーク17インチアルミホイール、フルカラードバンパー/サイドシル、「S-line」エンブレムなどでお化粧。サスペンションはスポーツ仕様となる。またインテリアには、本革巻きステアリングホイール、本革/クロス仕様スポーツシート、ブラックルーフライニング、マットアルミニウムパネルなどを配し、雰囲気を盛り上げる。さらに「A6」シリーズにはスポーティさをアップするホワイトメーターも備わる。

ボディカラーは「A4」がシルバーメタリックのみ。「A6 Avant」にはアーヴスシルバー、「A6」セダンにはエボニーブラックとアーヴスシルバーが用意される。

(webCG 本諏訪)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 「アウディTT」にスポーティーさを強調した限定車登場 2017.7.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年7月11日、コンパクトスポーツカー「TTクーペ」に特別仕様車「lighting style edition(ライティングスタイルエディション)」を設定し、110台の台数限定で発売した。価格は529万円。
ホームへ戻る