アウディ「A4」「A6」に、スポーティな「S-line」

2003.06.25 自動車ニュース
 

アウディ「A4」「A6」に、スポーティな「S-line」

アウディジャパンは、ミディアムセダン「A4」と、アッパーミドルサルーン「A6」、同ワゴン「A6アバント」に、スポーティグレードたる「S-line」を追加設定。2003年6月24日に発売した。


【写真上】A4 1.8T quattro S-line
【写真下】A6 Avant 3.0 quattro S-line
 

「S-line」は、ノーマルの「A」と、ハイパフォーマンスバージョン「S」「RS」の中間を担う新シリーズ。ベースとなるAシリーズに、専用の内外装品などを与え、スポーティさを演出した。

「A4」が、2リッター(130ps/19.9kgm)+FFの「A4 2.0 S-line」(399.0万円)と、1.8リッターターボ(170ps/22.9kgm)+4WDの「A4 1.8T quattro S-line」(455.0万円)、「A6」は、2.7リッターターボ(250ps/35.7kgm)+4WDの「A6 2.7T quattro S-line」(649.0万円)と、3リッター(220ps/30.6kgm)+4WDのワゴン「A6アバント3.0 quattro S-line」(665.0万円)の4車種だ。

いずれも、専用の9本スポーク17インチアルミホイール、フルカラードバンパー/サイドシル、「S-line」エンブレムなどでお化粧。サスペンションはスポーツ仕様となる。またインテリアには、本革巻きステアリングホイール、本革/クロス仕様スポーツシート、ブラックルーフライニング、マットアルミニウムパネルなどを配し、雰囲気を盛り上げる。さらに「A6」シリーズにはスポーティさをアップするホワイトメーターも備わる。

ボディカラーは「A4」がシルバーメタリックのみ。「A6 Avant」にはアーヴスシルバー、「A6」セダンにはエボニーブラックとアーヴスシルバーが用意される。

(webCG 本諏訪)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

関連キーワード:
A4A6A6アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(後編) 2018.2.1 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が「アウディRS 5クーペ」に試乗。アウディのスポーツマインドを体現した“完全無欠のスポーツクーペ”は、一体どんなドライバーにお薦めか? 意外や谷口はこんなことを考えている!
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
ホームへ戻る