アウディ「A4」「A6」に、スポーティな「S-line」

2003.06.25 自動車ニュース
 

アウディ「A4」「A6」に、スポーティな「S-line」

アウディジャパンは、ミディアムセダン「A4」と、アッパーミドルサルーン「A6」、同ワゴン「A6アバント」に、スポーティグレードたる「S-line」を追加設定。2003年6月24日に発売した。


【写真上】A4 1.8T quattro S-line
【写真下】A6 Avant 3.0 quattro S-line
 

「S-line」は、ノーマルの「A」と、ハイパフォーマンスバージョン「S」「RS」の中間を担う新シリーズ。ベースとなるAシリーズに、専用の内外装品などを与え、スポーティさを演出した。

「A4」が、2リッター(130ps/19.9kgm)+FFの「A4 2.0 S-line」(399.0万円)と、1.8リッターターボ(170ps/22.9kgm)+4WDの「A4 1.8T quattro S-line」(455.0万円)、「A6」は、2.7リッターターボ(250ps/35.7kgm)+4WDの「A6 2.7T quattro S-line」(649.0万円)と、3リッター(220ps/30.6kgm)+4WDのワゴン「A6アバント3.0 quattro S-line」(665.0万円)の4車種だ。

いずれも、専用の9本スポーク17インチアルミホイール、フルカラードバンパー/サイドシル、「S-line」エンブレムなどでお化粧。サスペンションはスポーツ仕様となる。またインテリアには、本革巻きステアリングホイール、本革/クロス仕様スポーツシート、ブラックルーフライニング、マットアルミニウムパネルなどを配し、雰囲気を盛り上げる。さらに「A6」シリーズにはスポーティさをアップするホワイトメーターも備わる。

ボディカラーは「A4」がシルバーメタリックのみ。「A6 Avant」にはアーヴスシルバー、「A6」セダンにはエボニーブラックとアーヴスシルバーが用意される。

(webCG 本諏訪)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディS4/S4アバント 2016.10.25 画像・写真 アウディ ジャパンは2016年10月25日、フルモデルチェンジした「アウディS4/S4アバント」を発表した。従来モデルから100kg以上も軽量化された一方で、3リッターV6直噴ガソリンターボエンジンの出力は21ps強化されている。その姿を画像で紹介する。
  • アウディ、新型「S4/S4アバント」を日本導入 2016.10.25 自動車ニュース アウディが新型「S4/S4アバント」の日本導入を発表した。S4はDセグメントモデル「A4」の高性能バージョンであり、今回の新型では最高出力354ps、最大トルク51.0kgmの3リッターV6ターボエンジンが搭載されている。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
ホームへ戻る