シューマッハーの愛車「550マラネロ」がオンセール!

2003.06.24 自動車ニュース
 

シューマッハーの愛車「550マラネロ」がオンセール!

フェラーリ、マゼラーティの日本総代理店であるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、フェラーリのF1ドライバー、ミハエル・シューマッハーが愛車としていた「フェラーリ550マラネロ」を販売すると、2003年6月23日に発表した。車両はもちろん1台限り、2003年7月14日まで、インターネットでのみ申し込みを受け付ける。価格は、1500.0万円。



 

ワールドチャンピオンが、イタリアや母国ドイツで実際に乗っていたという「フェラーリ550マラネロ」。「直筆サイン入り証明書」がその事実を証明、ダッシュボードには直筆サインが書かれるているという、なんともスペシャルな仕様だ。

インターネットでの受け付け終了後、抽選によって当選者1名が確定する。さらに当選者には、2003年10月に開催される「F1日本グランプリ」の、パドッククラブ招待券2枚もプレゼントされる。
申し込みはこちらのページから。1人1回の応募で、納車先は日本国内に限られる。また、実車はコーンズ横浜サービスセンター(電話番号:045-921-3421)に展示してあり、直接確認することも可能という。

ミハエル・シューマッハー所有「フェラーリ550マラネロ(6MT)」スペック

年式:1996年(イタリアでの登録年)
走行距離:4700km
エクステリアカラー:Argento Nurburgring(シルバー)
インテリアカラー:Bordeaux(赤)
保証:登録後1年間
車両本体価格:1500.0万円
その他:ミハエル・シューマッハ直筆署名入り証明書付き

(webCG 本諏訪)

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド・キャンペーンサイト:
http://www.cornes.co.jp/motor/festival03_campaign

関連キーワード:
550マラネロフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る