第39回:日本のチューニング界は今!(その6)ラリーアート「イマイチ印象に残らなかった ラリーアート ランサーエボリューションVIII」

2003.06.23 エッセイ

第39回:日本のチューニング界は今!(その6)ラリーアート「イマイチ印象に残らなかった ラリーアート ランサーエボリューションVIII」

■“デジタル的”に速い

チューンドカー試乗会も、コイツで最後。正直、あんまり印象に残らなかったなぁ、エボVIII。速いことは速いんだけど、インプレッサの「速いトラック」のようなゴリゴリ感とか、TRD「ヴィッツターボ」の「これで街乗り用かよ?」ってなうるさいエンジン音の後だと霞んでしまう。無限「アコード ユーロR」の「洗練された硬さ」みたいのもなかったしね。

元々「ランエボ」はですね。メチャクチャ速いんだけど、乗ってるとそれをあまり感じさせないクルマ。俺的にね。速いことは速いんだけど。それがステアリングフィールの荒さとか、乗り心地の硬さとか、エンジンのうるささに比較的現れない。これまたインプレッサとは対象的で、アッチが「ブロロロロ……」って、いかにも“アナログ的”に速いのに対し、コッチは知らず知らずのうちに速い。“デジタル的”。

■ノーマルの方が硬い!?

ラリーアートチューニングもそれを生かしており、実際、ノーマルより足は一部柔らかくなってるんだとか。これがくーだらない話で、実はノーマルの足ってのは、雑誌での「筑波アタックタイム」のために硬められてる。逆に、普段走りでは硬すぎるわけで、このラリーアートチューンってのはそれを補い、適度に柔らかくするために存在してるのだ。本末転倒な気もするけどね。ま、いっか。

ってなわけでこのクルマ、かなり乗り心地いいです。エンジンも決してうるさくないわけではないけど、インプレッサとは比べ物にならないほど静かだし、ステアリングフィールも普通。っていうか俺的には刺激が少ないくらい。

ある意味印象は薄い。しかし疲れないで速い、って点ではこれ以上望めないクルマかも。

(文=小沢コージ/2003年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』