【スペック】全長×全幅×全高=4782×1928×1699mm/ホイールベース=2855mm/車重=2245kg/駆動方式=4WD/4.5リッターV8DOHC32バルブ(340ps/6000rpm、42.8kgm/2500-5500rpm)/車両本体価格=860.0万円(テスト車=955.0万円)

ポルシェ・カイエンS(6AT)【短評(後編)】

流転しないもの(後編) 2003.06.20 試乗記 ポルシェ・カイエンS(6AT)……955.0万円ポルシェのSUV「カイエンS」に乗って、ハコネへ向かう『webCG』記者。山道・峠道で感嘆し、投入されたテクノロジーに感心しつつ、広報資料を読みながらつらつらと考える……。


ポルシェ・カイエンS(6AT)【短評(後編)】の画像
プラネタリーギアと電制多板クラッチを組み合わせたセンターデフ。チェーンを介して、駆動力を前軸に伝達する。この部分は、従姉妹モデル「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」と共用するという。


プラネタリーギアと電制多板クラッチを組み合わせたセンターデフ。チェーンを介して、駆動力を前軸に伝達する。この部分は、従姉妹モデル「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」と共用するという。

PSMとPTM

カイエンであきれるのは、山道・峠道にもっていても、ポルシェの顔を崩すことがないことだ。もちろん、それなりの重量感をともなってのことだが、カーブの連続にも“ヘビィウェイト”スポーツカーとでもいうべき身のこなしを見せる。ブレーキは、フロントが「6ピストンキャリパー+34mm通気式ディスク」、リアが「4ピストン+330mm通気式ディスク」という強力なもの。前後とも、アルミのモノブロックキャリパーが奢られる。
万が一、挙動を乱した場合には、「PSM(ポルシェ・スタビリティマネージメントシステム)」が、各輪のブレーキを個別にコントロール、さらにはエンジンや4WDシステムとも連携して、危険なアンダーステアもしくはオーバーステアを補正する。ありがたいことに、お世話になることはなかったが。

ニューSUVの目玉、「PTM(ポルシェ・トラクション・マネジメントシステム)」と呼ばれる4WDは、遊星ギアをもつセンターデフと電制多板クラッチを用いた凝ったもの。前:後=38:62のスポーティな配分をベースに、0-100%の範囲でトルクを前後させる。もちろん、ドライバーが駆動力の移動を意識することはない。
今回、試す機会はなかったが、オフロード走行時には「前後のデフロック+スーパーロウへの切り替え」が可能で、PSM、さらにエアサスペンション装着車では、アクティブサスたる「PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)」との協同で、極端な泥濘にたち向かうことができる……。

高い人件費が憂慮されながら、しかし“ドイツ製”のポルシェを送り出すべく、ライブツィッヒに建設された新工場。F1開催可能なテストコースをもつのがジマン。ポルシェの生産台数を一挙に1.5倍にすべく、2万5000台の生産能力をもつ。


高い人件費が憂慮されながら、しかし“ドイツ製”のポルシェを送り出すべく、ライブツィッヒに建設された新工場。F1開催可能なテストコースをもつのがジマン。ポルシェの生産台数を一挙に1.5倍にすべく、2万5000台の生産能力をもつ。


ポルシェ・カイエンS(6AT)【短評(後編)】の画像

過去をふりかえって

カイエンのプレス資料には、「ポルシェの財産」と題して、4WDとポルシェとの関わり合いに、わざわざ1章が割かれる。20世紀初頭に、フェルディナント・ポルシェがつくった「ローナーポルシェ」(インホイールタイプの電気4WD車)、1910年代の「8トントラクター」「ランドヴィア・トレイン」、30年代のNSUやシュビムワーゲンの試作モデル、第2次世界大戦後のメルセデスのレーシングカー「T80」、チシタリア、356のコンポーネンツを使ったタイプ597“ハンティングカー”。そして、馴染み深いスーパーカー「959」、964こと「カレラ4」を経て、1994年デビューの「タイプ993」に至る。ポルシェは、歴史的に見て最新のヨンクモデル、カイエンが「けっして鬼っ子ではありません」と主張する。

個人的に、資料に散見される「ハイブリッド」の文字から連想するのは、先の大戦中に、ポルシェ博士がアドルフ・ヒトラーの命令で開発したハイブリッド自走砲「フェルディナント」(別名エレファント)であり、ついに完成しなかった超重戦車「マウス」のことである。前者は、過酷なロシアの地で戦うのに、ガソリンエンジンで発電機を回し、電気で走るという複雑な機構を採用した88mm砲搭載車。後者は同じ機構を用いて、前面装甲240mm(!)をほこる180トン(!!)の車体を動かし、“無敵”を狙ったモンスター。

結局、車型・ジャンルを問わず、ポルシェをポルシェなさしめているのは、過剰なまでの技術投入と、その伝統なのではないかと思う。だから、ポルシェが実質ふたり乗りのスポーツカー市場から、ファミリー用としても使える、ツフェンハウゼンの自動車メーカーいうところの“ファーストカー”マーケットへ参入するにあたり、技術的な優位を活用できるSUVでのぞむのは正解だと思う。ポルシェは、このスーパーSUVで、自社の生産総数5割増しをもくろむ。
連想を飛躍させるなら、結果としてファシスト政権に協力した過去は、政治的な善悪に頓着しないテクノクラートの一途さと生命にかかわる圧力から説明される。同様に、カイエンによる「安全」「環境」に対する絶対的なインパクトの拡大は、企業存続のための経営判断として正当化されるわけだ。

(文=webCGアオキ/写真=峰 昌宏/2003年6月)

・ポルシェ・カイエンS(6AT)【短評(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000013433.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カイエンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2014.11.11 試乗記 マイナーチェンジを機に、ハイブリッドモデルから“プラグイン”ハイブリッドモデルへと進化した、「ポルシェ・カイエン」の環境型モデル。その仕上がりやいかに? ドイツ本国で試乗した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る