スズキ「グランドエスクード」一部改良

2003.06.20 自動車ニュース

スズキ「グランドエスクード」一部改良

スズキは、7人乗りヨンク「グランドエスクード」を一部改良するとともに、ひとまわり小さい「エスクード」に特別仕様車を設定、2003年6月18日に発売した。

■各性能アップ

「エスクード」をストレッチしたクロスカントリーモデル「グランドエスクード」では、燃費、排ガス浄化、出力の各性能アップが図られた。

従来、リッターあたり8.8kmだった燃費(10・15モード)は、9.4kmに向上。同時に「超-低排出ガス車」認定を受けた。
一方で、2.7リッターV6エンジンは7psアップして184ps/6000rpmに。トランスミッションはいままでより1段多い5段ATとなり、「一層余裕ある滑らかな走りが楽しめる」(プレスリリース)ようになった。

さらに、パートタイム4WDの切り替えスイッチが、シフトレバー横のレバー式から、インパネのスイッチ式に変更。2WD/4WD切り替えがワンタッチ操作で手軽に行えるようになったという。また2列目シートにウォークイン機構を取り入れ、3列目シートへの乗り込みを容易にするなどした。

価格は、237.8万円。

■お馴染みのタイアップカー

グランドエスクードよりひとまわり小さな5人乗り「エスクード」。今回設定された「ヘリー・ハンセン・リミテッド」は、アウトドアブランド「ヘリー・ハンセン」とのタイアップで生まれた、同車お馴染みの特別仕様車である。

フロントのグリル/バンパー、ヘッドランプカバー、フォグランプなどの専用部品でスポーティにお化粧。スペアタイヤのカバーも専用とした。
加えて、CD/MDプレーヤー(CDチェンジャー付き)、革巻きのステアリングホイール/シフトノブ/トランスファーノブなどを付与。シート表皮は撥水加工の施されたファブリック。フロントトレーマット、ラゲッジマットなど、アウトドアライフに便利な専用品を装備した。

2リッター+4段ATモデルのみ。価格はベース車の17.0万円高、202.8万円。

(webCG 有吉)

スズキ「グランドエスクード/エスクード」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/escudo/

 
スズキ「グランドエスクード」一部改良の画像

特別仕様車「エスクード・ヘリー・ハンセン・リミテッド」
 

	特別仕様車「エスクード・ヘリー・ハンセン・リミテッド」
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・グランドエスクード(5AT)【試乗記】 2003.8.6 試乗記 スズキ・グランドエスクード(5AT)
    ……246.5万円

    スズキで一番大きい2.7リッターV6を積む本格ヨンク「グランドエスクード」。2003年6月のマイナーチェンジ版に、webCG記者が試乗した。日本では“グランド”だが……。


  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る