スズキ「グランドエスクード」一部改良

2003.06.20 自動車ニュース

スズキ「グランドエスクード」一部改良

スズキは、7人乗りヨンク「グランドエスクード」を一部改良するとともに、ひとまわり小さい「エスクード」に特別仕様車を設定、2003年6月18日に発売した。

■各性能アップ

「エスクード」をストレッチしたクロスカントリーモデル「グランドエスクード」では、燃費、排ガス浄化、出力の各性能アップが図られた。

従来、リッターあたり8.8kmだった燃費(10・15モード)は、9.4kmに向上。同時に「超-低排出ガス車」認定を受けた。
一方で、2.7リッターV6エンジンは7psアップして184ps/6000rpmに。トランスミッションはいままでより1段多い5段ATとなり、「一層余裕ある滑らかな走りが楽しめる」(プレスリリース)ようになった。

さらに、パートタイム4WDの切り替えスイッチが、シフトレバー横のレバー式から、インパネのスイッチ式に変更。2WD/4WD切り替えがワンタッチ操作で手軽に行えるようになったという。また2列目シートにウォークイン機構を取り入れ、3列目シートへの乗り込みを容易にするなどした。

価格は、237.8万円。

■お馴染みのタイアップカー

グランドエスクードよりひとまわり小さな5人乗り「エスクード」。今回設定された「ヘリー・ハンセン・リミテッド」は、アウトドアブランド「ヘリー・ハンセン」とのタイアップで生まれた、同車お馴染みの特別仕様車である。

フロントのグリル/バンパー、ヘッドランプカバー、フォグランプなどの専用部品でスポーティにお化粧。スペアタイヤのカバーも専用とした。
加えて、CD/MDプレーヤー(CDチェンジャー付き)、革巻きのステアリングホイール/シフトノブ/トランスファーノブなどを付与。シート表皮は撥水加工の施されたファブリック。フロントトレーマット、ラゲッジマットなど、アウトドアライフに便利な専用品を装備した。

2リッター+4段ATモデルのみ。価格はベース車の17.0万円高、202.8万円。

(webCG 有吉)

スズキ「グランドエスクード/エスクード」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/escudo/

 
スズキ「グランドエスクード」一部改良の画像

特別仕様車「エスクード・ヘリー・ハンセン・リミテッド」
 

	特別仕様車「エスクード・ヘリー・ハンセン・リミテッド」
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・グランドエスクード(4AT)【試乗記】 2000.12.15 試乗記 スズキ・グランドエスクード(4AT)
    ……229.8万円

    2000年12月12日、スズキの小型SUV「エスクード」をストレッチ、3列シートを実現した「グランドエスクード」が登場した。「クロスカントリーセダン」が開発テーマのエスクードに対し、こちらは「クロスカントリーワゴン」。デビュー2日後、千葉県幕張にて、プレス向け試乗会が開催された。


  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • 軽量パーツを装備した「ルノー・メガーヌR.S.」の限定車が登場
    2017.4.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年4月6日、特別仕様車「メガーヌ ルノースポール(R.S.)273パックスポール」を発売した。販売台数は20台限定で、同年4月17日まで同社のウェブサイトにて注文を受け付け、抽選のうえ販売する。
  • 「ルノー・カングー」にペット用装備が充実した限定車登場 2017.3.30 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年3月30日、「カングー」に特別仕様車「カングー ウィズ ペット」を設定し、20台の台数限定で発売した。ペットが室内で快適に過ごせるための特別装備が追加されている。
ホームへ戻る