「ジープ・グランドチェロキー」2004年モデル発売

2003.06.20 自動車ニュース

ジープ「グランドチェロキー」2004年モデル発売

ダイムラークライスラー日本は、ジープブランドのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」の2004年モデルを発表。2003年6月21日から発売を開始した。

高級SUV「グランドチェロキー」は、ラクシャリー傾向を強めた、同ブランドのフラッグシップモデル。4リッター直列6気筒OHVエンジンを搭載する「リミテッド」「ラレード」と、4.7リッターV8OHCを積むトップグレード「リミテッドV8」の3タイプを展開する。

2004年モデルは、エンジンの排気量などは変わらないが、V8は排気系に改良を施し、出力とトルクが222ps/40.1kgmから227ps/39.8kgmに向上。直6エンジンは、コントロールユニットと触媒を見直したことにより、10・15モードの燃費が6.0km/リッターから6.5km/リッターとなった。

エクステリアは、「リミテッドV8」「リミテッド」に、下部にメッキを施したフロントバンパー、丸型フォグランプ、ボディ同色ラジエータグリルを採用。精悍なイメージを演出し、かつジープブランド共通のデザイン要素を強調したという。「ラレード」にも、新デザインのフロントバンパー、バンパー組み込みのフォグランプが備わるほか、前後バンパーとサイドモールがボディ同色になるなどの改良が施された。なお、フロントバンパー形状変更により、全長が4615mmから4630mmに延ばされた。

価格は以下の通り。(カッコ内は2003年モデル比)

●ジープ「グランドチェロキー」:
ラレード(4WD/4AT):386.5万円(+2.5万円)
リミテッド(4WD/4AT):435.0万円
リミテッドV8(4WD/5AT):495.0万円

(webCG 本諏訪)

ジープウェブサイト:
http://www.jeep-japan.com/

 
「ジープ・グランドチェロキー」2004年モデル発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • 100台限定、「フィアット500Xラウンジ」発売 2017.8.10 自動車ニュース 「フィアット500X」に100台限定の特別仕様車「ラウンジ」が登場。FFモデルの「ポップスター/ポップスタープラス」に準じたボディーに、1.4リッターターボエンジンをはじめとした、4WDモデル「クロスプラス」のパワープラントが搭載されている。
ホームへ戻る