「ジープ・グランドチェロキー」2004年モデル発売

2003.06.20 自動車ニュース

ジープ「グランドチェロキー」2004年モデル発売

ダイムラークライスラー日本は、ジープブランドのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」の2004年モデルを発表。2003年6月21日から発売を開始した。

高級SUV「グランドチェロキー」は、ラクシャリー傾向を強めた、同ブランドのフラッグシップモデル。4リッター直列6気筒OHVエンジンを搭載する「リミテッド」「ラレード」と、4.7リッターV8OHCを積むトップグレード「リミテッドV8」の3タイプを展開する。

2004年モデルは、エンジンの排気量などは変わらないが、V8は排気系に改良を施し、出力とトルクが222ps/40.1kgmから227ps/39.8kgmに向上。直6エンジンは、コントロールユニットと触媒を見直したことにより、10・15モードの燃費が6.0km/リッターから6.5km/リッターとなった。

エクステリアは、「リミテッドV8」「リミテッド」に、下部にメッキを施したフロントバンパー、丸型フォグランプ、ボディ同色ラジエータグリルを採用。精悍なイメージを演出し、かつジープブランド共通のデザイン要素を強調したという。「ラレード」にも、新デザインのフロントバンパー、バンパー組み込みのフォグランプが備わるほか、前後バンパーとサイドモールがボディ同色になるなどの改良が施された。なお、フロントバンパー形状変更により、全長が4615mmから4630mmに延ばされた。

価格は以下の通り。(カッコ内は2003年モデル比)

●ジープ「グランドチェロキー」:
ラレード(4WD/4AT):386.5万円(+2.5万円)
リミテッド(4WD/4AT):435.0万円
リミテッドV8(4WD/5AT):495.0万円

(webCG 本諏訪)

ジープウェブサイト:
http://www.jeep-japan.com/

 
「ジープ・グランドチェロキー」2004年モデル発売の画像

関連キーワード:
グランドチェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
ホームへ戻る