ホンダ「インスパイア」フルモデルチェンジ

2003.06.18 自動車ニュース
 

ホンダ「インスパイア」フルモデルチェンジ

本田技研工業は、上級セダン「インスパイア」をフルモデルチェンジし、2003年6月18日に発表、翌日から販売を開始する。



 

■ハイテクセダン

「インスパイア」は、1989年に「アコード」の派生車種「アコードインスパイア」として世に名を受け、1992年に独立した車種としてデビュー。初代では「ビガー」、2代目・3代目では「セイバー」を兄弟車に持った。今回約5年ぶりのフルモデルチェンジで4代目が誕生。それまでともに売られていたセイバーは今回よりなくなり、また生産工場は米国から国内に移された。

セダン不遇の時代にあらわれた4代目の特徴は、ハイテク化。状況に応じて半分のシリンダーを休止させて燃費をよくする新開発の3リッターV6「i-VTEC」エンジン、電子スロットル制御「ドライブバイワイヤ」、車線維持、車速車間制御、追突被害軽減機能付きブレーキなどといった、数々の電子制御技術がジマンだ。

すべて3リッターV6エンジンで、5段オートマチックトランスミッションを介し、前輪を駆動する仕様。装備の違いによる3グレード展開で、価格は270.0万円から350.0万円まで。
月間販売目標台数を2000台に設定する。



 

■ハイデッキ&ワンモーションフォルム

エクステリアは、上質でセンスが良く、アグレッシブなエクステリアデザインを謳うハイデッキ&ワンモーションフォルム。サイズは、全長×全幅×全高=4805(先代比-55)×1820(同+25)×1455(同+35)mm、ホイールベースは2740(同-5)mmとなった。

インテリアデザインは、視認性や操作性を重視したという。全幅と全高の拡大によるキャビンの広さとともに、サスペンションや燃料タンクを効率的にレイアウトし、さらにゆとりある室内空間を作りだしたという。加えて室内の静粛性を向上させるため、ジマンの新機能であるエンジンの気筒休止時にこもり音をうち消す、「アクティブノイズコントロール」も備わる。



 

足まわりは、前後ダブルウィッシュボーンサスペンションが与えられた。上級の「AVANZARE(アバンツァーレ)」「30TL」に標準装備される、アコードゆずりのアンチスピンデバイス「VSA(車両挙動安定化制御システム)」が、4輪のブレーキを制御し車両の挙動安定を図る。タイヤは205/60R16サイズで、その奥に収まるブレーキは4輪ディスクブレーキ。

前席SRSエアバッグはもちろん、照射範囲が遠い「ラインビーム」HIDヘッドランプ、左右独立コントロール式エアコン、イモビライザーなどの上級装備も、全グレードに奢られる。オプションで装着可能な音声認識DVDナビゲーションシステムは、8インチの大画面を持ち、ホンダの情報ネットワークサービス「インターナビ・プレミアムクラブ」にも対応する。


巡航時は3気筒を停止する「可変シリンダーシステム」を備えた、3リッターV6「i-VTEC」ユニットのカットモデル。
 

■1.5×2=3リッター!?

新型3リッターV6「i-VTEC」ユニットは、レギュラーガソリン仕様。250psのパワーと30.2kgmのトルクを発生する。
注目の「可変シリンダーシステム」とは、走行状況に応じて6気筒の半分である3気筒を休止させ、燃費性能を向上させるもの。発進・加速時など負荷が大きいときに6気筒すべてを作動させ、クルーズ時や減速時などにバンク片側の3気筒で走行する。あたかも1.5リッターエンジンを2基持つように、効率的に作動させるのだ。

これにより、カタログ値の燃費は従来の2.5リッターV6がリッター10.4kmであったのに対し、11.6kmとなった。さらに燃焼効率の見直しにより、「超-低排出ガス」車認定を受けたこともニュースだ。



 

スロットル制御はDBW(ドライブバイワイヤ)。アクセルペダル操作を、機械ではなく電気的に読みとりエンジンに伝えるというものだ。コンピューターにより最適なスロットル開度を算出でき、緻密でリニアなスロットルコントロールが可能という。なおこの機能はすでに同社の「NSX」「アコード」にも取り入れられている。

組み合わされる5段ATトランスミッションには、減速ロックアップ時のショックを少なくするため、ロングトーションスプリングを持つダンパーが採用される。エンジン本体に備わる「アクティブコントロールエンジンマウント」とあわせて、気筒休止時の回転変動による振動を積極的に低減するのがねらいだ。

なお、このトランスミッションはマニュアル変速操作ができる「Sマチック」を持つ。「Sマチック」使用時には気筒休止が解除され、スポーティーな走行が可能となる。


フロントグリルの後ろに、先行車との車間を測定する「ミリ波レーダー」を装備。ホンダのエンブレムは、ミリ波を透過するタイプが装着される。
 

■運転支援機能が発達

最上級グレード「アバンツァーレ」には、「HiDS(ホンダインテリジェントドライバーサポートシステム)」と呼ばれる高速道路運転支援システムが標準装備される。

その機能のひとつは、車線維持支援機能の「LKAS(レーンキープアシストシステム)」。
フロントウィンドウ上部のカメラがとらえた画像をもとに、走行車線を認識し、車線逸脱の可能性があるときに、ステアリングの動きを適切にアシストするというものだ。


「HiDS」セットスイッチ
 

もうひとつは「IHCC(インテリジェントハイウェイクルーズコントロール)」。こちらはフロントグリル内から発せられるミリ派レーダーによって、前走車との距離・自車の走行状態から車速/車間を制御する機能である。

さらに「HiDS」とは別系統の制御で動作する、追突被害軽減機能の「CMS(追突軽減ブレーキ)」と「E-プリテンショナー」もある。これは前走車と衝突のおそれがあるとコンピューターが判断したときに、警報ブザー+CMSによるブレーキ制御+E-プリテンショナーによるシートベルトの引き込みを段階的に行うもの。これによりドライバーの危険回避行動を支援し、万が一の際の被害を軽減することができるという。

なお、これらのシステム作動状態は、すべてメーターナセル中央にある「マルチインフォメーションディスプレイ」に表示される。



 

価格は以下の通り。
ホンダ「インスパイア」
AVANZARE(FF/5AT):350.0万円
30TL(FF/5AT):295.0万円
30TE(FF/5AT):270.0万円

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インスパイアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)【試乗速報】 2008.1.29 試乗記 ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)
    ……363万6000円/412万2000円

    ホンダのセダン「インスパイア」に5代目が登場。車体、エンジンとも拡大して乗り味はどう変わったのか? その実力を試した。
  • ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)【試乗記】 2003.7.19 試乗記 ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)
    ……402.0万円

    見かけはオートドクスなセダンながら、「自動運転(ほか)」に向けての先進技術を満載したホンダの新しい「インスパイア」。横浜で開催されたプレス試乗会に、『webCG』記者が参加した。


  • ホンダ・インスパイア30TL(5AT)【試乗記】 2003.8.14 試乗記 ホンダ・インスパイア30TL(5AT)
    ……324.0万円

    プリセーフティーをはじめ、ハイテク満載で登場したホンダのフラッグシップ「インスパイア」。片バンク休止機能を搭載する、新しいV6に感心した『webCG』エグゼクティブディレクターだが……。


  • ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)【ブリーフテスト】 2004.3.16 試乗記 ……382.0万円
    総合評価……★★★

    走行状況に合わせてV型6気筒の片バンクを停止し、省燃費を実現したホンダのサルーン「インスパイア」。ドライバー補助システム「HiDS」、プリクラッシュセーフティなど、数々のハイテクを搭載するトップグレード「アバンツァーレ」を、自動車ジャーナリストの生方聡がテストした。


  • ホンダ・インスパイア 35TL 2007.12.20 画像・写真 2007年12月19日にデビューしたセダン、5代目「ホンダ・インスパイア」の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る