メルセデスベンツ「SL350」と「SL600」を追加

2003.06.18 自動車ニュース

メルセデスベンツ「SL350」と「SL600」を追加

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツの高級ロードスター「SL」クラスに、3.7リッターV6を積むベーシックグレード「SL350」と、500ps(!)を発する5.5リッターV12ツインターボ搭載のトップレンジ「SL600」を追加し、2003年6月16日から販売を開始した。

■新型SL初の右ハンドル

追加設定の「SL350」は、SLクラスのベーシックグレード。搭載されるエンジンは、245psと35.7kgmのアウトプットを誇る、3.7リッターV6SOHC。トランスミッションは、ティップシフト付きの5段ATが組み合わされる。
エクステリアは、17インチ7スポークアルミホイールを装着。インテリアは、本革シートやウッドパネルを採用した。VICS対応DVDナビゲーションシステムやオーディオ、TVなどの機能を統合した「マルチファンクションコントローラー」など、装備内容は充実する。

SLクラスで唯一、右ハンドルが設定されたこともトピック。価格は、1030.0万円となる。

■500psのトップレンジ

「SL600」は、2003年1月の「デトロイトショー」でワールドデビューを飾った、SLクラスのトップレンジ。高級サルーン「S600」と同じ、5.5リッターV12ツインターボを搭載。500ps/5600rpmの最高出力と、81.6kgm/1800〜3500rpmの最大トルクという、途方もないアウトプットを誇る。トランスミッションは5段ATのみ。500psの最高出力は、従来のSLクラスでもっともパワフルな「SL55AMG」と同じだが、最大トルクは10.2kgmも太い。0-100km/hを4.7秒でこなすという動力性能は、ポルシェ「911ターボ」の5段ATモデルより、0.2秒速い。
パワー&重量増に伴い、ブレーキディスクやキャリパーを大型化。タイヤは、フロントが225/40R18、リアは285/35R18サイズの超ヘビー級を履く。

SL600には、電子制御ブレーキシステム「SBC」(センソトロニックブレーキコントロール)に、「SBCホールド」と「SBCストップ」という、2つの新機能が加わった。
SBCホールドは、坂道発進や信号待ちなどで、ブレーキペダルを踏み続けたり、パーキングブレーキを使わなくても、停止状態を維持するというもの。SBCストップは、スイッチレバー操作により、15km/h以下の走行時、アクセルペダルから足を離すと車両を緩やかに停止させるという。ただし、前方障害物との距離を測る機能はないので、状況に応じてドライバーのブレーキ操作は必用だ。

トップレンジらしく、内外装もゴージャスに演出。エクステリアは、18インチの5本スポークアルミホイールや、クローム付きフロントグリルを装着する。インテリアは、ナッパレザーを使用した本革シートや、アルカンタラ製ルーフライニング、本革巻ウッドステアリング&シフトノブなどが採用された。

価格は、もちろんSLクラスでもっとも高い、1670.0万円となる。

(webCGオオサワ)

メルセデスベンツ:http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
メルセデスベンツ「SL350」と「SL600」を追加の画像

関連キーワード:
SLメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
ホームへ戻る