メルセデスベンツ「SL350」と「SL600」を追加

2003.06.18 自動車ニュース

メルセデスベンツ「SL350」と「SL600」を追加

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツの高級ロードスター「SL」クラスに、3.7リッターV6を積むベーシックグレード「SL350」と、500ps(!)を発する5.5リッターV12ツインターボ搭載のトップレンジ「SL600」を追加し、2003年6月16日から販売を開始した。

■新型SL初の右ハンドル

追加設定の「SL350」は、SLクラスのベーシックグレード。搭載されるエンジンは、245psと35.7kgmのアウトプットを誇る、3.7リッターV6SOHC。トランスミッションは、ティップシフト付きの5段ATが組み合わされる。
エクステリアは、17インチ7スポークアルミホイールを装着。インテリアは、本革シートやウッドパネルを採用した。VICS対応DVDナビゲーションシステムやオーディオ、TVなどの機能を統合した「マルチファンクションコントローラー」など、装備内容は充実する。

SLクラスで唯一、右ハンドルが設定されたこともトピック。価格は、1030.0万円となる。

■500psのトップレンジ

「SL600」は、2003年1月の「デトロイトショー」でワールドデビューを飾った、SLクラスのトップレンジ。高級サルーン「S600」と同じ、5.5リッターV12ツインターボを搭載。500ps/5600rpmの最高出力と、81.6kgm/1800〜3500rpmの最大トルクという、途方もないアウトプットを誇る。トランスミッションは5段ATのみ。500psの最高出力は、従来のSLクラスでもっともパワフルな「SL55AMG」と同じだが、最大トルクは10.2kgmも太い。0-100km/hを4.7秒でこなすという動力性能は、ポルシェ「911ターボ」の5段ATモデルより、0.2秒速い。
パワー&重量増に伴い、ブレーキディスクやキャリパーを大型化。タイヤは、フロントが225/40R18、リアは285/35R18サイズの超ヘビー級を履く。

SL600には、電子制御ブレーキシステム「SBC」(センソトロニックブレーキコントロール)に、「SBCホールド」と「SBCストップ」という、2つの新機能が加わった。
SBCホールドは、坂道発進や信号待ちなどで、ブレーキペダルを踏み続けたり、パーキングブレーキを使わなくても、停止状態を維持するというもの。SBCストップは、スイッチレバー操作により、15km/h以下の走行時、アクセルペダルから足を離すと車両を緩やかに停止させるという。ただし、前方障害物との距離を測る機能はないので、状況に応じてドライバーのブレーキ操作は必用だ。

トップレンジらしく、内外装もゴージャスに演出。エクステリアは、18インチの5本スポークアルミホイールや、クローム付きフロントグリルを装着する。インテリアは、ナッパレザーを使用した本革シートや、アルカンタラ製ルーフライニング、本革巻ウッドステアリング&シフトノブなどが採用された。

価格は、もちろんSLクラスでもっとも高い、1670.0万円となる。

(webCGオオサワ)

メルセデスベンツ:http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
メルセデスベンツ「SL350」と「SL600」を追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
ホームへ戻る