ラリーマシンのイメージを反映したスズキ「スイフト・スポーツ」

2003.06.17 自動車ニュース

ラリーマシンのイメージを反映したスズキ「スイフト・スポーツ」

スズキは、小型乗用車「スイフト」に、ジュニア世界ラリー選手権(JWRC)に参戦しているマシンの技術とイメージを反映させたというスポーティモデル「スイフト・スポーツ」を追加設定。同時に「スイフト」をマイナーチェンジし、2003年6月12日に発売した。

■“スポーツ”スズキのアイコン

近年、モータースポーツ活動を積極的に推進しているスズキは、2002年から、世界ラリー選手権(WRC)のエントリークラスであるJWRC(元スーパー1600クラス)に、「イグニス」(「スイフト」の海外名)で参戦。今シーズンは6月の第3戦アクロポリスで2、3、4位に入るなど成績を残している。

「スイフト・スポーツ」は、そんなラリーマシンのイメージを踏襲したスポーティモデル。エアロパーツなどに加え、エンジン、足まわりなどに専用チューンを施した、いわば“スポーツしているスズキ”のアイコンである。

3ドアのボディは、JWRCで培った最新のエアロダイナミクス理論により設計されたという、専用のフロント/リアバンパー、オーバーフェンダー、サイドスプラッシュガード、ルーフエンドスポイラーで“武装”。車内は、レカロ社製シート、本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、カーボン調塗装などでスポーティ感を煽る。

足まわりでは、専用チューンのサスペンションを採用。フロントサスペンションの取り付け部には、剛性を上げる目的で大径のパフォーマンスロッドを配した。さらに185/55R15タイヤ&アルミホイールの奥には、ディスクブレーキが4輪に備わる。

心臓部となるエンジンは、オールアルミ製の1.5リッター直4 DOHC「M15A」型。アルミ鍛造ピストン、カムシャフト、VVT(可変バルブタイミング)機構、専用ECUなどを盛り込んだほか、インテーク/エキゾーストマニフォルドを見直すなどし、最高出力115ps/6400rpm、最大トルク14.6kgm/4100rpmを発生させるにいたった。
組み合わされるトランスミッションは、クロスレシオの5段MTのみだ。
価格は119.0万円。

■主な変更は内外装

ノーマル「スイフト」のマイナーチェンジは、「超-低排出ガス車」認定(4WD車は「優-低排出ガス車」)を受けた以外は、主に内外装の変更に留まる。

フロントグリル、フルホイールキャップを新デザイン化。スポーティな「SF」グレードには、新意匠のアンダースポイラー、フォグランプが与えられた。さらにアンテナ位置が変わり、樹脂製リアワイパーアーム、ブルーリフレクター式ヘッドランプ、クリアサイドターンランプなどが備わった。

インテリアでは、ステアリングホイールとメーターパネルが新デザインとなるほか、リアシートの着座位置変更、新設計ドアトリムによる室内幅拡大などで、居住性の向上を図った。

また、電動格納機能付きリモコンドアミラー、CDステレオ、運転席シートリフターなどの装備を標準とする、上級グレード「SG-X」が追加設定されことも新しい。

ラインナップは、全グレードにおいて1.3リッター直4DOHCエンジンを搭載。FFと4WD、5MTと4ATを揃える。価格はベーシックな「SE-Z」が79.0万円から99.5万円まで、スポーティな「SF」は99.8万円から120.3万円、上級「SG-X」は86.5万円から107.0万円となる。

スズキ「スイフト」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/swift/
同「スイフト・スポーツ」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/swift_sport/index.html

 


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.1 試乗記 デュアルジェットエンジンを採用し燃費性能の向上をはかった「スズキ・スイフト」。高速道路と一般道でその性能を確かめた。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
ホームへ戻る