ダイハツ「アトレーワゴン」を一部改良、売れ筋グレードを値下げ

2003.06.16 自動車ニュース

ダイハツ「アトレーワゴン」を一部改良、売れ筋グレードを値下げ

ダイハツ工業は、軽乗用車「アトレーワゴン」の車種体系を見直し、4グレードに集約。さらに「カスタムターボ」「ツーリングターボ」の仕様と装備を見直すとともに、価格を引き下げた。また同時に、軽商用車の「ハイゼットカーゴ」「ハイゼットトラック」に装備の変更などを施し、2003年6月2日から販売を開始した。

■「アトレーワゴン」

軽乗用車「アトレーワゴン」は車種体系が見直され、従来の6グレードから4グレードに集約。シート表皮やドアトリム、メーターなどの装備を変更。「カスタムターボ」には、AM/FM付きCDステレオ&16cmフロントスピーカーを採用した。加えて、ボディーカラーに、新色の「モデラートブルーメタリック」を追加。全6色となったほか、売れ筋グレードの「カスタムターボ」が8.0万円、「ツーリングターボ」は5.5万円の値下げが行われたのも、うれしいニュースだ。

価格は、FFがハイルーフ「CX」(5MT)の106.9万円から、ロールーフ「エアロダウンビレットターボ」(4AT)の147.0万円まで。4WDは、ハイルーフ「CX」(5MT)の118.2万円から、ロールーフ「エアロダウンビレットターボ」(4AT)の158.8万円となる。

■「ハイゼットカーゴ」「ハイゼットトラック」

今回同時に、軽商用車の「ハイゼットカーゴ」と「ハイゼットトラック」にも、装備の変更が行われた。
「ハイゼットカーゴ」は、安全&快適装備が見直され、「デラックス」と「デラックスターボ」に運転席SRSエアバッグ、フォースリミッター機構付きフロント3点式シートベルト、フロントパワーウィンドウなどを採用した。エンジンは環境性能が強化され、0.66リッター直3気OHC6バルブエンジン搭載車の燃費向上を図るとともに、「優-低排出ガス車」認定を受けた(FR全車と4WDのMT車)。

「ハイゼットトラック」は、エアコンやパワステなどの快適装備をセットにした「エアコン・パワステスペシャル」グレードを追加設定。さらに、運転席SRSエアバッグ、ABSなどがセットになった「安全パック」が、オプション装備に加わった。

価格は「ハイゼットカーゴ」が、FRは82.8万円から106.0万円、4WDは94.1万円から117.3万円。「ハイゼットトラック」は、FRは55.5万円から90.8万円、4WDは69.9万円から102.7万円。

(webCG 本諏訪)

ダイハツ工業:
http://www.daihatsu.co.jp/

 
ダイハツ「アトレーワゴン」を一部改良、売れ筋グレードを値下げの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • 「日産セレナ」に生誕25周年を記念した特別仕様車 2016.11.30 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月30日、「セレナ」の生誕25周年を記念した特別仕様車「25thスペシャルセレクション」を設定し、販売を開始した。2017年3月末までの期間限定販売となる。
ホームへ戻る