ダイハツ「アトレーワゴン」を一部改良、売れ筋グレードを値下げ

2003.06.16 自動車ニュース

ダイハツ「アトレーワゴン」を一部改良、売れ筋グレードを値下げ

ダイハツ工業は、軽乗用車「アトレーワゴン」の車種体系を見直し、4グレードに集約。さらに「カスタムターボ」「ツーリングターボ」の仕様と装備を見直すとともに、価格を引き下げた。また同時に、軽商用車の「ハイゼットカーゴ」「ハイゼットトラック」に装備の変更などを施し、2003年6月2日から販売を開始した。

■「アトレーワゴン」

軽乗用車「アトレーワゴン」は車種体系が見直され、従来の6グレードから4グレードに集約。シート表皮やドアトリム、メーターなどの装備を変更。「カスタムターボ」には、AM/FM付きCDステレオ&16cmフロントスピーカーを採用した。加えて、ボディーカラーに、新色の「モデラートブルーメタリック」を追加。全6色となったほか、売れ筋グレードの「カスタムターボ」が8.0万円、「ツーリングターボ」は5.5万円の値下げが行われたのも、うれしいニュースだ。

価格は、FFがハイルーフ「CX」(5MT)の106.9万円から、ロールーフ「エアロダウンビレットターボ」(4AT)の147.0万円まで。4WDは、ハイルーフ「CX」(5MT)の118.2万円から、ロールーフ「エアロダウンビレットターボ」(4AT)の158.8万円となる。

■「ハイゼットカーゴ」「ハイゼットトラック」

今回同時に、軽商用車の「ハイゼットカーゴ」と「ハイゼットトラック」にも、装備の変更が行われた。
「ハイゼットカーゴ」は、安全&快適装備が見直され、「デラックス」と「デラックスターボ」に運転席SRSエアバッグ、フォースリミッター機構付きフロント3点式シートベルト、フロントパワーウィンドウなどを採用した。エンジンは環境性能が強化され、0.66リッター直3気OHC6バルブエンジン搭載車の燃費向上を図るとともに、「優-低排出ガス車」認定を受けた(FR全車と4WDのMT車)。

「ハイゼットトラック」は、エアコンやパワステなどの快適装備をセットにした「エアコン・パワステスペシャル」グレードを追加設定。さらに、運転席SRSエアバッグ、ABSなどがセットになった「安全パック」が、オプション装備に加わった。

価格は「ハイゼットカーゴ」が、FRは82.8万円から106.0万円、4WDは94.1万円から117.3万円。「ハイゼットトラック」は、FRは55.5万円から90.8万円、4WDは69.9万円から102.7万円。

(webCG 本諏訪)

ダイハツ工業:
http://www.daihatsu.co.jp/

 
ダイハツ「アトレーワゴン」を一部改良、売れ筋グレードを値下げの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
ホームへ戻る