オーテック「ステージア」に6MTモデルを設定

2003.06.13 自動車ニュース

オーテック「ステージア」に6MTモデルを設定

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、日産のステーションワゴン「ステージア」をベースとした特別仕様車「アクシス350S」を、2003年6月10日に発売した。6段マニュアルトランスミッションを搭載するスポーティモデルだ。

特別仕様車「アクシス350S」のベースとなるのは、「ステージア 250RS V」(2.5リッター/FR)。ベース車のパワートレインは2.5リッターエンジン+4段ATだが、「アクシス350S」は3.5リッターV6DOHC(280ps、37.0kgm)エンジンを搭載。トランスミッションはなんと、クロスレシオの6段MTが組み合わされる。

エクステリアは、「アクシス」専用のエアロパーツやアルミホイールなどで、スタイルを精悍に演出した。インテリアは、シート地や本革巻ステアリングホイールなどは専用品を採用。240km/hまで刻まれたファインビジョンメーターが、スポーティな雰囲気を演出する。
中身ももちろん強化され、専用サスペンションや、エキゾーストシステムなどを装備。上質かつしなやかな走りを実現したという。タイヤは225/45R18サイズの、ブリヂストン「ポテンザ S-03 PolePosition)を履くというから、“スポーツ度”は高そうだ。

ボディカラーは、「ホワイトパール」「ダイヤモンドシルバー」「スーパーブラック」の3色展開。内装はブラックのみとなる。価格は349.0万円。

(webCG 本諏訪)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/
オーテックジャパン:
http://www.autech.co.jp/

 
オーテック「ステージア」に6MTモデルを設定の画像

関連キーワード:
ステージア日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • 日産ウイングロード(20) 2005.11.16 画像・写真 日産自動車は、コンパクトなステーションワゴン「ウイングロード」をフルモデルチェンジし、2005年11月14日に発売した。
  • 「シボレー・コルベット」のオーダーメイドプログラム実施 2018.1.25 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2018年1月25日、自分だけの「シボレー・コルベット」をオーダーできる「シボレー・コルベット テーラーリング・プログラム」を、同年2月10日から2月25日までの期間限定で実施すると発表した。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
ホームへ戻る