日産「エクストレイル」をマイナーチェンジ

2003.06.11 自動車ニュース
 

日産「エクストレイル」をマイナーチェンジ

日産自動車は、ライトクロカン「エクストレイル」にマイナーチェンジを施し、2003年6月9日に発表、同日販売を開始した。眼目は、内外装と装備の一部変更など。


オプション装備の「ハイパールーフレール」
 

■利便性、道具感を向上

今回のマイナーチェンジでは、内外装の変更がメイントピックとなる。エクステリアは、フロントグリルとバンパー、アルミホイール、リアバンパーのデザインを一新。ドライビングランプ、ルーフレール、ルーフバーの機能をもつ「ハイパールーフレール」をオプション設定したことも新しい。
インテリアは、インパネ形状を変更して質感を向上。加えて、保冷機能付きカップホルダーや、保温保冷機能付きのマルチボックスなど、利便性の高い装備を追加した。
インテリアの新機能では、ステアリングホイールが上45度にまでチルトする「ポップアップステアリング」がユニーク。AT仕様車にのみ装着されるこの装備は、ステアリングホイールを上向きにすることで、運転席のスペースを有効に使える。フロアは水ぶきできるように防水加工を施すなど、アウトドアでの利便性と道具感を高めたという。


45度チルトする「ポップアップステアリング」
 

トップグレードの「GT」(4WD)は、電子制御4輪ブレーキによりLSD機能を有する「VDC」(ビークルダイナミクスコントロール)が標準装備され、低ミュー路等での走行性能を向上。「GT」グレード以外の全車が、「超-低排出ガス車」認定を受けたこともニュースだ。

価格は、「GT」が据え置き。その他グレードは、一律2.0万円アップとなった。詳細は、以下の通り。

●ニッサン「エクストレイル」
S:187.0万円(FF/4AT)、200.0万円(4WD/5MT)、200.0万円(4WD/4AT)
X:207.0万円(FF/4AT)、220.0万円(4WD/4AT)
GT:282.5万円(4WD/4AT)


写真は「エクストレイル アクシス」(オプション装着車)
 

■オーテック「エクストレイル ライダー」「エクストレイル アクシス」

「エクストレイル」のマイナーチェンジに伴い、日産自動車の関連会社オーテックジャパンが発売する特別仕様車「ライダー」と「アクシス」にも、一部装備の変更が施された。これらは、「エクストレイルS」(FF/4WD)をベースに、「ライダー」がファッショナブルSUV、「アクシス」はジェントルな雰囲気をコンセプトにドレスアップしたモデルである。

変更点は、専用リヤアンダープロテクターとカラードサイドガードモール、プライバシーガラスが追加装着されたこと加え、「ライダー」には専用のスポーツシート&ドアトリムが付与された。
車両詳細や価格については、オーテック公式サイトを参照のこと。

(webCG 本諏訪)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/
オーテックジャパン:
http://www.autech.co.jp/

関連キーワード:
エクストレイル日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記
  • 日産が「エクストレイル」をマイナーチェンジ 2017.6.8 自動車ニュース