フォード「エクスプローラー」「マスタング」に100周年記念限定車

2003.06.10 自動車ニュース
 

フォード「エクスプローラー」「マスタング」に100周年記念限定車

フォードジャパンリミテッドは、SUV「エクスプローラー」とスペシャリティクーペ「マスタング」に、同社の100周年を記念した限定車「センテニアルエディション」を設定。フォードモーターカンパニーが操業して、ちょうど100周年目にあたる、2003年6月16日から発売を開始する。両モデルとも、フォードの名を世界に知らしめた「T型フォード」に採用されたカラーにちなんで、ボディカラーはブラックのみ。記念グッズも付属する。


【写真上】「エクスプローラーセンテニアルエディション」
【写真下】「マスタングセンテニアルエディション」コンバーチブル
 

■「エクスプローラーセンテニアルエディション」

「エクスプローラーセンテニアルエディション」は、日本未導入のグレード「リミテッド」をベースに、専用の内外装を付与した特別仕様車。「リミテッド」は、日本でも販売される「エディバウアー」と同じ4.6リッターV8SOHC(242ps)を搭載し、クロームのルーフレールやフロントグリルなどが与えられたモデルだ。
今回はそれに加えて、100周年記念オーナメントやエンブレム、専用デザインの17インチホイールなどを装着。内装は、専用のツートーン本革シート(ミディアムパーチメント/ミディアムダークパーチメント)を採用した。ちなみに、「センテニアルエディション コレクターズパッケージ」と名された記念品は、キーチェーンとリストウォッチ、そして100周年の記念誌「The FORD CENTURY」のセットだ。

価格は「エディバウアー」より28.0万円高い、480.0万円(右ハンドル/5AT)。200台限定で販売される。

■「マスタングセンテニアルエディション」

「マスタングセンテニアルエディション」は、4.6リッターV8 SOHC(264ps)を搭載する上級グレード「GT」がベース。専用装備として、エクステリアに100周年記念オーナメントやエンブレムが、インテリアはツートーン本革シート(ミディアムパーチメント/ミディアムダークパーチメント)が奢られた。ボディタイプは、クーペとコンバーチブルの2種類が用意される。

価格はそれぞれベース車より15.0万円高く、クーペが387.0万円(50台限定)、コンバーチブルは472.0万円(20台限定)。もちろん、こちらにも「センテニアルエディション コレクターズパッケージ」が付属する。

(webCG 本諏訪)

フォードジャパンリミテッド:
http://www.ford.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2013.8.18 試乗記 フォードのグローバルプロダクトとして、「フォーカス」に続いて日本上陸を果たした新型「クーガ」。世界中のリソースを投入して開発された新型SUVは、どのようなクルマに仕上がっていたのか?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.6.2 試乗記 フルモデルチェンジでさらに大きくなった「MINIクロスオーバー」に試乗。ベーシックな「クーパーD」グレードで素の実力を……と思いきや、試乗車には100万円分以上のオプションがてんこ盛りで、価格はなんと500万円オーバー! こちらの取捨選択についても真剣に考えた。
ホームへ戻る