シボレー「クルーズ」、仕様・価格変更と廉価グレード追加

2003.06.06 自動車ニュース

シボレー「クルーズ」、仕様・価格変更と廉価グレード追加

スズキは、同社とゼネラルモーターズの共同開発車であるシボレー「クルーズ」の仕様変更と価格値下げを実施。同時に廉価グレードを追加設定し、2003年6月3日に発売した。

1.3リッターエンジン搭載の「1.3LS」「1.3LT」、1.5リッター「1.5LT」に、それぞれAM/FMラジオ付きCDプレイヤーを標準で与えつつ、価格を1.3リッター車で10.0万円、1.5リッター車で15.0万円、大幅に値下げした。


さらに、最廉価グレードとして新たに「1.3LS Eエディション」を設定。運転席・助手席SRSエアバッグ、4輪ABS、エアコン、パワーウインドー、キーレスエントリーなどを盛り込み、価格をFF車で99.0万円、4WD車は114.0万円とした。

シボレー「クルーズ」
1.3LS Eエディション:99.0万円(FF/4AT)、114.0万円(4WD/4AT)
1.3LS:109.0万円(FF/4AT)、124.0万円(4WD/4AT)
1.3LT:119.0万円(FF/4AT)、135.0万円(4WD/4AT)
1.5LT:129.0万円(FF/4AT)、145.0万円(4WD/4AT)

(webCG 本諏訪)

シボレー「クルーズ」:
http://www.suzuki.co.jp/CRUZE/

シボレー「クルーズ」、仕様・価格変更と廉価グレード追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。