日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車

2003.06.05 自動車ニュース

日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車

日産自動車は、「スカイライン」のセダンに、6段マニュアルトランスミッションを搭載したスポーティグレード「350GT」「350Tプレミアム」を追加設定、2003年6月3日に発売した。

スカイラインセダンでは初という6段MTは、最上級グレード「350GT-8」と同型の、3.5リッターV6 DOHCツインカムエンジン(最高出力272ps/6000rpm、最大トルク36.0kgm/4800rpm)との組み合わせ。さらに、ユーロチューンドサスペンション、車両安定性を向上させるVDC(ビークルダイナミクスコントロール)、215/55R17タイヤ、レイズ製アルミホイールを与え、スポーティな走りを追求したと謳われる。

上級「350GTプレミアム」には、BOSEサウンドシステム、エアコン左右独立温度調整機能、オーディオステアリングスイッチ、助手席パワーシートなどの快適装備が備わる。

価格は「350GT」が300.0万円、「350GTプレミアム」は325.0万円。

(webCG 本諏訪)

日産自動車「スカイライン」:
http://www.nissan.co.jp/SKYLINE/

 
日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 第2回:独創のGT-R<1969年>
    技術とプライドの6気筒エンジン
    2017.7.13 自動車ヒストリー 日産がレースでの必勝を期して投入した「スカイライン」のハイパフォーマンスモデル「GT-R」。あまたの逸話に彩られた同車の歴史を、その前身である「プリンス・スカイラインGT」のエピソードとともに紹介する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
ホームへ戻る