日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車

2003.06.05 自動車ニュース

日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車

日産自動車は、「スカイライン」のセダンに、6段マニュアルトランスミッションを搭載したスポーティグレード「350GT」「350Tプレミアム」を追加設定、2003年6月3日に発売した。

スカイラインセダンでは初という6段MTは、最上級グレード「350GT-8」と同型の、3.5リッターV6 DOHCツインカムエンジン(最高出力272ps/6000rpm、最大トルク36.0kgm/4800rpm)との組み合わせ。さらに、ユーロチューンドサスペンション、車両安定性を向上させるVDC(ビークルダイナミクスコントロール)、215/55R17タイヤ、レイズ製アルミホイールを与え、スポーティな走りを追求したと謳われる。

上級「350GTプレミアム」には、BOSEサウンドシステム、エアコン左右独立温度調整機能、オーディオステアリングスイッチ、助手席パワーシートなどの快適装備が備わる。

価格は「350GT」が300.0万円、「350GTプレミアム」は325.0万円。

(webCG 本諏訪)

日産自動車「スカイライン」:
http://www.nissan.co.jp/SKYLINE/

 
日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車の画像

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:独創のGT-R
    技術とプライドの6気筒エンジン
    2017.7.13 自動車ヒストリー 日産がレースでの必勝を期して投入した「スカイライン」のハイパフォーマンスモデル「GT-R」。あまたの逸話に彩られた同車の歴史を、その前身である「プリンス・スカイラインGT」のエピソードとともに紹介する。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 第93回:高齢者の免許返納義務化は是か非か 2018.6.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第93回は「高齢者の免許返納義務化は是か非か」。増え続ける高齢者の事故、その解決策は免許返納しかないのか!? クルマと運転を愛するカーマニアとして、筆者が期待する未来のクルマ社会とは? 
  • カワサキZ900RSカフェ(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.7 試乗記 2017年末にデビューするや、往年の名車「カワサキZ1」を思わせる姿でベテランライダーのハートをわしづかみにした「Z900RS」。今回は、一段とスポーティーなたたずまいを見せる、その“カフェレーサー仕様”に試乗した。
ホームへ戻る