日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車

2003.06.05 自動車ニュース

日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車

日産自動車は、「スカイライン」のセダンに、6段マニュアルトランスミッションを搭載したスポーティグレード「350GT」「350Tプレミアム」を追加設定、2003年6月3日に発売した。

スカイラインセダンでは初という6段MTは、最上級グレード「350GT-8」と同型の、3.5リッターV6 DOHCツインカムエンジン(最高出力272ps/6000rpm、最大トルク36.0kgm/4800rpm)との組み合わせ。さらに、ユーロチューンドサスペンション、車両安定性を向上させるVDC(ビークルダイナミクスコントロール)、215/55R17タイヤ、レイズ製アルミホイールを与え、スポーティな走りを追求したと謳われる。

上級「350GTプレミアム」には、BOSEサウンドシステム、エアコン左右独立温度調整機能、オーディオステアリングスイッチ、助手席パワーシートなどの快適装備が備わる。

価格は「350GT」が300.0万円、「350GTプレミアム」は325.0万円。

(webCG 本諏訪)

日産自動車「スカイライン」:
http://www.nissan.co.jp/SKYLINE/

 
日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車の画像

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記