日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車

2003.06.05 自動車ニュース

日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車

日産自動車は、「スカイライン」のセダンに、6段マニュアルトランスミッションを搭載したスポーティグレード「350GT」「350Tプレミアム」を追加設定、2003年6月3日に発売した。

スカイラインセダンでは初という6段MTは、最上級グレード「350GT-8」と同型の、3.5リッターV6 DOHCツインカムエンジン(最高出力272ps/6000rpm、最大トルク36.0kgm/4800rpm)との組み合わせ。さらに、ユーロチューンドサスペンション、車両安定性を向上させるVDC(ビークルダイナミクスコントロール)、215/55R17タイヤ、レイズ製アルミホイールを与え、スポーティな走りを追求したと謳われる。

上級「350GTプレミアム」には、BOSEサウンドシステム、エアコン左右独立温度調整機能、オーディオステアリングスイッチ、助手席パワーシートなどの快適装備が備わる。

価格は「350GT」が300.0万円、「350GTプレミアム」は325.0万円。

(webCG 本諏訪)

日産自動車「スカイライン」:
http://www.nissan.co.jp/SKYLINE/

 
日産「スカイライン」セダンに6段マニュアル車の画像

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
ホームへ戻る