【Movie】新型レガシィの開発陣に聞く(その3)

2003.06.03 自動車ニュース
 
【Movie】新型レガシィの開発陣に聞く(その3)

【Movie】新型レガシィの開発陣に聞く(その3)

2003年5月23日、4代目となるスバルの主力モデル「レガシィ」が発表された。大幅な軽量化や、3ナンバーサイズに拡大したボディにより、先代と較べて飛躍的に走りを向上したと謳われる新型について、開発者の方にお話をうかがった。


富士重工業スバル商品企画本部の増田年男主査。「軽量化というよりも、“質量を開発する”という考え方でニューレガシーは造られた」と語る。

 
【Movie】新型レガシィの開発陣に聞く(その3)

【軽く、かつ安全に】

(撮影/編集=カネヨシ)



 
【Movie】新型レガシィの開発陣に聞く(その3)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る