F1モナコGP、モントーヤが制す【F1 03】

2003.06.02 自動車ニュース
F1モナコGP、モントーヤが制す

【F1 03】F1モナコGP、モントーヤが制す

F1世界選手権第7戦モナコGP決勝が、2003年6月1日、モンテカルロの市街地サーキット(3.34km)を78周して行われた。61回目の伝統の一戦を制したのは、ウィリアムズBMWのファン・パブロ・モントーヤ。2001年イタリアGP以来となる通算2勝目をあげた。ウィリアムズチームは、1983年のケケ・ロズベルク以来、20年ぶりのモナコ勝利となる。

2位キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)、3位ミハエル・シューマッハー(フェラーリ)がポディウムフィニッシュ。シューマッハーは、アイルトン・セナのモナコ最多6勝に肩を並べることができなかった。

以下、ポールシッターのラルフ・シューマッハー(ウィリアムズBMW)が4位。5位フェルナンド・アロンソ、6位ヤルノ・トゥルーリのルノー勢に続き、昨年のウィナー、デイヴィッド・クルタードが7位。最後の1点は、8位ルーベンス・バリケロ(フェラーリ)にわたった。
トヨタは、クリスチアーノ・ダ・マッタが9位、オリヴィエ・パニスは13位完走。BARホンダは、ジェンソン・バトンが欠場、ジャック・ヴィルヌーヴは64周目にマシントラブルでリタイアした。

■ミシュランの台頭

難攻不落、屈指の難コースであるモナコ。今年は、プールサイドから「ラスカス」までの最終セクションが大幅に改修され、全長は昨年より30m短くなった。

抜きにくい、否、事実上抜けないモナコでは、予選順位が他のどのサーキットよりも重要になる。もっとも望ましいポールポジションを獲得したのはラルフ・シューマッハー。2001年フランスGP以来2度目の最前列を得た。ポイントリーダーのライコネンが2番手、昨年のポールシッター、モントーヤは3番グリッドを獲得。下位に沈んだミハエル・シューマッハー5位、バリケロ7位を除き、トップ10中8台をミシュラン勢が占めた。

土曜フリー走行で大クラッシュを演じたジェンソン・バトンのBARホンダは、大事をとって予選に出走せず。結局、レース出場も見送られることとなった。


ジェンソン・バトンは大クラッシュし、大事をとって予選、決勝を欠場。BARホンダでひとり気をはいたジャック・ヴィルヌーヴ(写真)だったが、バトンのクラッシュと同じ場所、ヌーベルシケインでマシントラブルにより戦列を去った(写真=本田技研工業)

F1モナコGP、モントーヤが制す

■ウィリアムズ、復活す

スタートの1コーナーをとったのはラルフ・シューマッハー。抜群の加速でモントーヤがライコネンを抜き2位へポジションアップし、ウィリアムズが1-2体制を築いた。

4番グリッドのトゥルーリがロケットスタートを決めたもののライコネンをパスすることはできず順位はそのまま。やはり予選と同じポジションでミハエルのフェラーリが5位につけた。

シューマッハーのモナコでの敗因は、タイムがあがらないトゥルーリに30周にわたり抑えられ、ラルフ、モントーヤ、ライコネンのトップ3に逃げられてしまったことにある。27周目、目の上のタンコブだったルノーがピットインし、すかさずファステストラップを叩き出し追い上げを図ったミハエル。ピット作業のタイミングで、トゥルーリ、ラルフを抜き、3位までポジションをあげたが、上位との差はすでに大きく開いてしまっていた。

第2スティントのタイムも伸び悩んだフェラーリは、コンスタントに速いモントーヤ、ライコネンに牙を剥くことなく、レースを終えた。

開幕戦以来、ニューマシン「FW25」の問題点ばかりが目立ったウィリアムズが、ようやくシーズン中盤にきて復活。モントーヤは、終盤1秒以内で迫るライコネンに屈することなく、1位でゴール。久々の勝利に歓喜した。

シューマッハーの連勝は3でストップ。フェラーリの追い上げを、ウィリアムズのモントーヤが断ち切ったことで、シーズンは混沌さを増すことになるのだろうか。

■7戦して5人のウィナー

ドライバーズランキングでは、ライコネンが48点でトップを守り、2位シューマッハーとの差を2点から4点に広げた。3位アロンソ29点、4位バリケロ27点の下は、クルタード、モントーヤ、ラルフが25点で5位を分け合っている。

コンストラクターズランキングは、マクラーレンが73点でフェラーリを2点上回り首位に返り咲いた。

7戦して5人のウィナーが誕生した今シーズンもいよいよ中盤戦。次戦カナダGPの決勝は、6月15日だ。

■ドライバーズランキング(16戦中7戦終了/トップ10)

1位 キミ・ライコネン 48点
2位 ミハエル・シューマッハー 44点
3位 フェルナンド・アロンソ 29点
4位 ルーベンス・バリケロ 27点
5位 デイヴィッド・クルタード 25点
5位 ファン・パブロ・モントーヤ 25点
5位 ラルフ・シューマッハー 25点
8位 ヤルノ・トゥルーリ 13点
9位 ジャンカルロ・フィジケラ 10点
10位 ジェンソン・バトン 8点

■コンストラクターズランキング

1位 マクラーレン 73点
2位 フェラーリ  71点
3位 ウィリアムズ 50点
4位 ルノー 42点
5位 ジョーダン 11点
5位 BAR 11点
7位 ザウバー 8点
8位 ジャガー 4点
9位 トヨタ 3点

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。