クライスラー「PTクルーザー」に特別仕様車

2003.06.02 自動車ニュース

クライスラー「PTクルーザー」に特別仕様車

ダイムラークライスラー日本は、クライスラー「PTクルーザー」に特別色のボディーカラーや、特別装備を施した「PTストリートクルーザー シリーズ2」を追加設定し、2003年6月7日から100台限定で販売する。

特別仕様車「PTストリートクルーザー シリーズ2」は、特別色「タンジェリンパールコート」を纏う、鮮やかなオレンジ色のボディが特徴的なモデル。インテリアもタンジェリンをアクセントにドレスアップされるほか、特別装備が与えられた。

ベース車は、上級グレードの「リミテッド」。外装はボディーカラーに加え、リアスポイラー、クロームドアサイドモールディング、Moper製16インチシルバーアルミホイールを装着。リフトゲートには、限定車専用バッジが貼付される。
ボディ色をアクセントに使うインテリアは、プレミアムレザーシートと、車名ロゴ入りフロアマットを特別装備。さらに、シフトベゼルやドアロックノブをクロームとするなどして、質感を高めたという。

価格はベース車より9.0万円高い、299.0万円。

(webCG 本諏訪)

クライスラーウェブサイト:
http://www.chrysler-japan.com/

 
クライスラー「PTクルーザー」に特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.23 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    ランチア改めクライスラーのバッジを付けて上陸した「イプシロン」。ブランドが変わっても、このクルマならではのワン&オンリーな魅力は変わらない。
  • ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.1 試乗記 ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)
    ……263万5000円

    フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「イプシロン」。“あの”ツインエアを搭載する走りに、ランチアらしさは感じられたのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.6 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    イタリアのランチア改め、アメリカのクライスラーブランドで国内販売が始まった、新型「イプシロン」。巨匠 徳大寺有恒が、その印象を語る。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る